2006年12月17日

仕切り直しで、明日宇宙へ!

既にご存知の方も多いと思いますが、
「きく8号」を搭載したH−ⅡAロケット11号機の
打上げが昨日延期されました。


ロケットの打上げには、お天気の要素は非常に重要で、
ロケットや衛星自体に問題がなくても、ある定められた天候条件を
クリアできなければ、打上げは見合わせます。


特にロケットが苦手なのが「雷」。
なにせ自分の体重の90%以上が燃料ですから。


ということで、組立棟から射点へと移動させるとき、
ロケットに液体燃料を充填する前、など、要所要所で
天候判断をしてから、次の作業に移っていきます。


種子島宇宙センターには、専任の気象予報士さんがいて、
気象庁発表の気象情報に加え、宇宙センター周辺の天候について
ピンポイントで調査し、気象予報を行っています。
まさに縁の下の力持ち!
いろんな人たちが、ロケットの打上げに関わり、支えているんです。


ロケットの打上げも、導入教材として使えますよ。
宇宙教育センターのホームページで紹介していますので、
ぜひこの機会に活用してみてください。
子どもたちの反応や感想なども、お聞かせいただけるとうれしいです。

  ★教材活用例 「H−ⅡAロケットの打ち上げ」    


今、ロケットは組立棟の中で、しばし待機中。
日付が変わった明日18日の午前2時半頃から
約30分かけて再び射点へと移動する予定です。
ライブカメラでは、ライトアップされたロケットの姿を
見ることができると思いますよ。


さて気になるお天気ですが、明日の種子島は
強風もおさまり、晴れてくるそうです。
雷の心配も今のところないとのこと。
青空を力強く突き進むロケットが見られそうですね。


明日の打上げ、ロケットと同じくらい力強い応援を
ぜひお願いします!

F11fromTakesaki.jpg
          昨日(16日)、総合指令棟での夜勤を終え、プレスセンターのある竹崎展望台から
          撮影した朝9時頃のH-IIAロケット11号機。この後9時半から組立棟に戻りました。


<関連リンク>

  ★きく8号/H−ⅡA11号機特設サイト
  ★H−IIAロケット11号機打上げに関する主要制約条件
  ★種子島宇宙センターの気象情報
  ★種子島ライブカメラ
  ★TEPCOひかり荘 casTY宇宙ページ
  ★宇宙教育センターホームページ 「教材を探す」  

コメント

1 : ぐっちい

2006年12月18日 11:43[RES]


今日は天候も問題なさそうですね。
鹿児島市内からもロケットが飛んでいく様子を見ることができそうです。
鹿児島では、鹿児島中央駅のほかに、ツルの飛来地として有名な出水市の西出水小学校でもライブ中継が予定されています。

http://www.city.izumi.kagoshima.jp/

打上げの様子はきっとたくさんの子どもたちを興奮させ、感動させることでしょう。
そこからまた新たな好奇心が育ってくれるといいなあ。

2 : 宇宙教育センター

2006年12月28日 13:43[RES]


>> 1
ぐっちいさん、コメントありがとうございます。
鹿児島市内から見る打ち上げは、いかがでしたか?
西出水小学校の様子は、プレスセンターにあるTVで
ちょうど見ることができました。
たくさんの子どもたちが喜んでくれたようですね。


先日、都内の小学校で水ロケット授業を行ったときにも
「この前、種子島でロケット上がったのテレビで見たよ!」
と目を輝かせながら子どもたちが口々に話してくれて、
本当にうれしくなりました。


子どもたちの心に明るい何かを刻み付けられる、
そんな仕事をこれからも続けていきたいですね。