2007年11月01日

讃岐⇔土佐

こんばんはー、中村です。
本日は、高松(香川)→羽田の機内で書いています。
 
昨日、今日と香川と高知へ出張してきました。
 
初日は、香川内の関係者や関係機関を訪ねました。
香川大学の学長、副学長、工学部長、香川県の教育委員会事務局 生涯学習・文化財課、主要なプレス各社などでした。
実は、先週末、高松にて、地元の日本宇宙少年団香川小惑星分団と宇宙教育センターが一緒になってコズミックカレッジを教育委員会やプレスなどの後援もいただき、香川大学で開催したばかりで、その無事修了のお礼と今後の活動の引き続きの支援協力をお願いしたというところでした。
とても楽しく、良い活動ということで、香川県下のTV、新聞はもとより、全国放送でもニュースにしていただきました。











▲ 10/27に行われたコズミックカレッジ(香川県高松市)のようす

 
コズミックカレッジは、昨年度から「地域で育てる地域の子ども」をスローガンに、地元とJAXAがタッグを組んで、地域に宇宙教育を根付かせ、ひいてはその活動を通じて理科離れや親子が一緒に楽しく学べる機会の提供、地域の人と人のつながりやコミュニケーションということへも貢献できればと思っています。
 
翌日は、山深い霊峰連なる四国山地を越えて、南国土佐(高知)に行きました。
ここでは、現在は高知にお住まいで土佐宇宙酒(宇宙で育てた酵母でつくった土佐のお酒)を「てんくろうの会」という地元プロジェクトでおつくりになったり、その他も高知の科学や文化の発展に寄与されている元東工大教授の鈴木朝夫先生からはじまって、高知県の教育委員会事務局、財団法人高知県文教協会理事長、「てんくろうの会」の事務局関係者などを訪問しました。
今回出張のメインミッションは、「高知の地でリーダーズセミナーの今年度中の開催に目途をつける」ということだったのですが、各訪問先でもご関心いただき、最終的には開催場所候補地もわかり、そこの下見をして帰ってくることができました。
これからその場所と開催に向けた調整など行うと思いますが、おそらく来年の2月下旬の週末に高知の地でもリーダーズセミナーを開催できることになると思います。
正式に決まったら、またWebやメルマガでアナウンスしたいと思います。
これで開催できれば、四国四県すべてでリーダーズセミナーを開催したことになり、少しずつですが、四国全体を盛り立てていくスタートラインに立てればと思っています。
 
今回、これらの各関係者、関係機関への調整とコーディネートは、宇宙教育センターが社会教育面でパートナーとして一緒に活動を推進している日本宇宙少年団の香川小惑星分団の分団長の岡内さんに大変ご尽力いただきました。
岡内さんは、元学校の校長先生をされていた方で、同じく教職にあった奥様と二人三脚で香川の宇宙教育を引っ張っていただいている方で、宇宙教育ボランティアの育成にも昨年度まで育成委員としてご活躍いただき、我々が今も大変お世話になっている方です。
岡内さんは、地元香川のみならず、四国全体での宇宙×教育の発展を強く希望されていて、ボランティアとしてのその活動には本当に頭が下がります。
この場を借りて、岡内夫妻にお礼申し上げます。
 
今後、あまり遅くないうちに、岡内さんと一緒に四国全体での宇宙教育や科学教育の発展を目指す方が他の県からもたくさん出てくればと思いつつ、高松をあとにしました。
 


▲ 訪問先での一コマ
左から、岡内分団長、(財)高知県文教協会 石田理事長、
日本宇宙少年団事業統括の岩本さん、中村

コメント

1 : 岡内 尊重 [メール]

2007年11月 3日 22:19[RES]


すごいですね。こんなに進んでいるとはまったく・・・感謝感謝あるのみです。しかも他のHP開設など続々ですもの。革命的進歩です。迅速なニュースと幅広いジャンルに誰もがとりこになること間違いなしです。ますますの進化と即時性を大事にして進めてくだされば明るい未来の展開間違いなし。おめでとうございました。 完