2008年01月29日

もうすぐ締め切りですよ!
種子島宇宙センタースペーススクール

超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」の打上げまであとわずか。
その打上げの舞台となるのが、ご存知種子島宇宙センターです。


毎年恒例の種子島宇宙センタースペーススクールも、今年で数えて9回目。
歴代の広報担当者を中心に、種子島宇宙センターの多くの職員に支えられ、
大切に引き継がれています。


応募の締め切り(1月31日)まであとわずか!
世界一美しい発射場と称される、日本最大のロケット発射場で、
たくさんの仲間と思い出を作ってみませんか?


今年の開催は、3月18日(火)〜3月20日(木)の3日間。
「きずな」の打上げの余韻が残る打上げ設備を目の当たりにできると思いますよ!


高校生・大学生(院生ももちろんOK!)のみなさん、
ぜひぜひ奮ってご応募ください!


080129-1.jpg
▲打上げのとき、ロケットの一番近くで作業を行う発射管制棟(通称:ブロックハウス)の中。
  その距離は、射点からわずか500mしか離れていません。(地下に部屋があります)
  スペーススクールでは、このブロックハウスと総合指令棟を結んでの
  打上げ管制シミュレーションが体験できます。


<関連リンク>

 ★種子島宇宙センター スペーススクール参加者募集について(プレスリリース)
  (応募要領なども掲載されています)

 ★「きずな(WINDS)打上げ特設サイト」 
 (現種子島広報の井上さんがご当地ナビをしてますよ!)

 ★これまでの開催はこちらのスタッフブログで紹介しています

 ★事業所紹介:種子島宇宙センター