2008年06月04日

今日のISTS(6/4)

こんにちはー、中村です。
 
浜松で開催中のISTS、その教育イベントとして会期中に静岡県内の学校80数校へ宇宙一日出前授業と題して、JAXAの職員他講師の先生が訪問し、児童・生徒に宇宙の授業を行っています。
 

 
僕は昨日に引き続き二日目、今日はメイン会場の浜松から遠出して、漁港で有名な清水へ移動しての講演でした。
 

▲ 静岡市立清水駒越小学校の6年生のみんなと
宇宙について考えました

 
小学校6年生への講演でしたが、こちらでも、本当にきりの無いくらい質問が飛び出して、相当に時間をオーバーしてしまいました。
 
静岡の学校に宇宙好きな児童・生徒が増殖中です。

コメント

1 : とり [メール]

2008年6月 7日 13:08[RES]


80校もの生徒さん達が集中的に宇宙授業をうけるなんて羨ましいです。
星出さんもかぐやも活躍中で話題は沢山ありますし、これを機会に静岡県で宇宙好きの子供がぐんと増えそうですね!
子供達は宇宙に対してどんな疑問をもっているのか?知りたいです。
今回出たQ&Aの特集とかのせていただけたらと思います。
残り期間頑張ってください! 見に行きたかったですISTS。


2 : JAXA宇宙教育センター 中村

2008年6月 8日 20:51[RES]


とりさん、コメントありがとうございます!!
子どもたちの質問は、その学校、その学校で違います。
だいたい、最初の質問をした児童や生徒に引っ張られて、そのジャンルの質問がどんどん出てきます。
たとえば、星の質問が最初にでると、ずっと天文系ですし、宇宙飛行士やISSだとずっとそのジャンルになる傾向があるようです。(もちろん、混ざることもあります)
質問のレベルもさまざまです。
ロケットを打ち上げる予算のことや、宇宙食や暮らし、などの身近な話題もあれば、宇宙の果てや宇宙の始まりなど、夢やロマンのあるスケールの大きな質問など、さまざまです。