2008年06月05日

夢の実現 〜浜松・展示会場にて〜

宇宙飛行士が色紙などにサインをするとき、
ご自身の名前と一緒にしたためる言葉があります。

たとえば若田宇宙飛行士の場合は、
「地球人の世紀へ」です。

「夢の実現」
その人は、この一言を書き添えます。


080605-1.JPG 080605-2.JPG


浜松のISTS国際宇宙展示会の会場、
限られた時間なんだからいっぱい見なきゃ損だよね、といわんばかりに、
大抵の子どもたちが会場のあちらこちらを慌しく歩き回っている間、
その少年は、魅入られたように「きぼう」日本実験棟のパネルの前に
座り込み、熱心にメモをとっていました。


しばらくはお友達も付き合っていたのですが、やがて一人に。
ここ読めない、という漢字の読み仮名と意味を教えつつ、
彼に聞いてみました。
「大きくなったら宇宙飛行士になって、宇宙に行ってみたい?」と。

彼は、その瞬間、メモをとる手を止め、ちょっとだけ照れくさそうに、
でもしっかりとこちらを見つめて「うんっ!」と力強くうなずいてくれました。
(とってもいい目をしてたなあ)

「夢の実現」

少年の頃からの夢を実現させたその人 −星出彰彦宇宙飛行士−は、
少年のような笑顔と輝く瞳で、今日、未来に続く「きぼう」の扉を開きました。

pre_ingress_080605_l.jpe noren_080605_l.jpe

pm_ingress_080605_l.jpe ingress_crew_l.jpe
▲「きぼう」日本実験棟 船内保管室への入室(画像提供:NASA)


浜松で、私は未来の宇宙飛行士に出会ったのかもしれません。
星出さんのように、いつか、その夢を実現させようね。

   jsc2007e048271.jpg
    ▲がんばれ、星出さん!(画像提供:NASA)

<関連リンク>

  ★星出宇宙飛行士搭乗 1Jミッション(STS−124)

  ★「きぼう」船内保管室への入室の様子は、ぜひ動画でご覧下さい
   (たくさんの宇宙飛行士たちが、広々とした空間を楽しんでいます。
    よ〜く見ると、「ヤンキース・マツイ」のTシャツを着た宇宙飛行士もいますよ♪)

  ★星出彰彦宇宙飛行士への応援メッセージはこちらへ

  ★ミッション実況生中継

  ★NASA TV

  ★星出宇宙飛行士ジャーナル

コメント

1 : 疋田寛美 [メール]

2008年6月 7日 17:26[RES]


6/6(金)浜松会場(アクトシティ・展示イベントホール)に行ってきました。航空宇宙の知識を得る絶好の機会で大いに楽しんできました。平日なので多少参加者が少なかったのでしょう。スタッフの方々は素人の私に熱心にご説明して戴きました。気になること、知らないことを遠慮なく質問できて満足しました。つい時間が予定を上回りましたが、折角の機会でしたのでまた行きたいと思っています。予め自分自身気持ちを整理して臨めばもっと充実したなぁと今度はJAXAクラブを利用してお尋ねしたいと思いました。私はエンジン関連の構造や加工技術、材料技術に特に関心がありました。勿論「きぼう」で星出さんが活躍されているニュースが毎日流れていますのでタイミング的にも非常に印象が良かったです。