2009年03月17日

家庭での宇宙教育

こんばんはー、中村です。
 
先日のブログでもお伝えした、宇宙の学校
宇宙の学校とコズミックカレッジとの違いは、
・1会場で、複数回の開催(継続・シリーズ化した活動)
・次の回までの間に、家庭学習用の教材を親子でやってもらう(家族間のコミュニケーション)
で、社会教育支援+家庭教育支援まで範囲を広げたカリキュラムで、参加の親子の皆さんからは、おかげさまで大変好評です。
 

▲ 宇宙の学校閉校式には、現・宇宙教育センター長の平林先生と
前・宇宙教育センター長の的川先生(NPO法人 子ども・宇宙・未来の会 代表)
が登場して、子どもたちのレポートを講評してくれました

 
先日のブログでは、東京都国分寺市のファンダメンタルコース(小学校中学年〜高学年)の子どもたちががんばってつくってくれたレポートを掲載しましたが、今日は並行して開催されていたキッズコース(未就学児〜小学校低学年)のレポートを掲載したいと思います。
 

▲ 閉校式の会場で、全員のレポートが掲示され、みんなで見ました
「他のお友だちのはどんなレポートかな?」

 
親子が楽しく家庭学習している様子を想像してみてください。
 
<宇宙の学校 キッズコース 参加者レポート>
苗字が あ行の参加者
苗字が か行の参加者
苗字が さ行の参加者
苗字が た行の参加者
苗字が な行の参加者
苗字が は行の参加者
苗字が ま行の参加者
苗字が や行の参加者
 
<宇宙の学校 関連リンク>
宇宙の学校とは(NPO法人 子ども・宇宙・未来の会ウェブサイト)
宇宙の学校 家庭学習用教材(ダウンロードできます)
これまでの宇宙の学校の子どもたちの家庭学習結果レポート