2009年04月17日

日帰り

こんばんはー、中村です。
 
突然ですが、この写真何でしょう。
 

 
答えは、LED照明なんですが、最新鋭の新幹線、N700系のトイレの中にある照明です。
気づいて思わず撮ってみました。
 
ちょっと前までは(今も言っていますが)、「白熱電球を電球型蛍光灯に」なんて聞いたことがあると思います。理由は、蛍光灯の方がずいぶんと消費電力が少なく、エコだからです。
 
この話、「だったら、蛍光灯にしよう」と簡単に思いがちですが、そんなに簡単にいかない理由もいくつかあります。たとえば、光り方の問題。どちらかだけを見ていると差がわかりづらいのですが、並べてみると「なるほど」と思います。照らされている物の見え方も色の発色もずいぶん違うことに気づくはずです。
 
最近では、そんな蛍光灯からLEDやELといった素子を使った照明が、さらに消費電力がなくエコだということで、普及の兆しを見せています。
 
光(可視光)、というものは、ずいぶん奥深く、人間の生活になくてはならないものですが、照明から学ぶ光というのも面白いかもしれません。
さらには、眼に見えない光(電磁波)まで範囲を広げると、さらに面白いものです。
 
さて、そんな話はさておいて、なぜ新幹線に乗ったのかというと、和歌山大学まで日帰りで行っていました。
 

▲ クリエのエントランスには、いきなりハイブリッドロケットとランチャーが
  ソーラーカーとともに看板活動なんだそうです
 
用務は第2回の缶サット甲子園に向けた打合せと、和歌山大学と何かできないかというブレスト的なものです。
大学内のクリエというところで、ロケットやソーラーカー開発など創造的な活動を行っていますが、現場はかなり「現場」な感じで、いろいろな工作などができるように設備も大変充実していました。
 
缶サットも和歌山大との関係も、まだまだ乗り越えるべき検討課題がありますが、一つ一つ解決して、宇宙教育をまた一歩前に進められたらと思います。


▲ 第1回 缶サット甲子園 ダイジェストビデオ
(和歌山大学 クリエ 映像チーム制作)
 
 
第1回 缶サッ甲子園 活動報告はこちら