2011年02月08日

SEEC2011レポート Day1 〜出発、ヒューストン到着〜

菊池です。
宇宙教育テレビでは、いつも皆さんのコメントを紹介させていただいておりますが、こうしてブログでの登場はずいぶん久しぶりとなります。

宇宙教育センターに赴任にして早くも2年半が経ちましたが、この度初めて海外出張に行ってきましたので、その様子をお届けしたいと思います。

今回私が参加したのは、「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」、通称SEEC(シークと読みます:Space Exploration Education Conference)です。アメリカNASAのジョンソン宇宙センターがあるヒューストンで開催されるこの大会は、宇宙教育(Space Education)に携わる学校の先生や、大学等の教育関係者が全米から集まる年に一度の大会で、日本をはじめ他国からも参加しています。

 過去のSEEC2010のようすはこちら

今回、90分間のJAXAセッションとして、公募により選ばれた3名の中学校・高校の先生が、日本代表として発表してくれましたが、たくさんのハプニングもありましたので、周辺の様子とともに紹介したいと思います。

2/1火曜日、夕方に成田空港を出発。
今回JAXAからも数名の支援スタッフが参加しましたが、3人の先生方とお会いするのは12月中旬に東京で実施した事前説明会以来です。事前説明会では日本語でのプレゼンを行い、それから約1ヶ月半の間で現地での英語プレゼンや本番用の配布物の準備などをしてもらいました。

SANY0005.JPG  SANY0006.JPG


約12時間のフライトでヒューストンに到着。私も初ヒューストンだったため、かなりテンションがあがっていたのですが、最初の印象は「寒い!」という一つ。そう、アメリカでは南部に位置するヒューストンはこの時期でも比較的暖かい地域なのですが、なんとちょうど寒波に遭遇してしまったのです。これがこの後、私たち一行を大変な目に・・・

さて、まずはレンタカーで約1時間、会場近くのホテルまで走りました。当然左ハンドル、右車線のアメリカの交通ルール。英語のナビにも戸惑いつつ、途中何度かUターンを繰り返しながら到着。その後、今回発表で使用する荷物を預けてあったJAXAヒューストン駐在事務所を訪問し、所長や関係者に挨拶した後、荷物の確認を行いました。
JAXAヒューストン駐在事務所は、主にISS計画やNASAでの日本人宇宙飛行士の訓練などのサポートをする場所です。

ここで、早速英語でのプレゼン練習をされる先生も。飛行機の中で覚えてきたはずの発表原稿が、いざ実践してみるとなかなか英語では出てこないとのことで、何度も繰り返し練習されていました。
時差もあり長かった1日の最後は、メキシコ料理で明日以降の体力を蓄えました。

CIMG1796.JPG  CIMG1797.JPG

CIMG1800.JPG  CIMG1807.JPG


次回は、2日目現地中学校での発表を紹介します。