2013年03月13日

パンスターズ彗星

皆さんお久しぶりです、宇津巻です。
前回のブログで登場してから、えっと...... アレ?11ヶ月ぶり!?
随分と間が開いてしまいました...


さてさて、金環日食や部分月食、金星の太陽面通過やふたご座流星群など2012は天文現象目白押しな年でしたが、
2013年もパンスターズ・アイソンの2つの巨大彗星が飛来するってので話題になってますね。
その2つの大彗星のうち、まずはパンスターズ彗星が先日3月10日に近日点を通過し、いよいよ日本でも
見える様になってきました。
当初の予定より随分と減光しての地球接近ということでしたが、先月末ぐらいより、南半球からはキレイな写真が沢山上がってきて、否が応にも期待が高まるってものです。
ネット時代よありがとう!


近日点通過前から全国各地で観測が始まり、一昨日ぐらいからはいろんな観測場所から順次見えた!
という報告が上がるようになりました。
そこで、私も宇宙研からの観望を狙って屋上にカメラと望遠鏡を持ち込んで探してみました。
テレビや雑誌で紹介されてる影響か、他にも観望グループが幾つか屋上では待機してます。

日没時、西の空には見事な夕焼け雲が!
写真1.JPG
おおキレイ! って、いや、このままじゃ彗星が雲に隠れてしまう...

祈るような気持ちで彗星を探していると、他グループから「見えた!」の歓声が!
屋上にいた人々が一堂に会し、見えた方角と高さを再確認。
再度、彗星探索に挑戦。

しかし、見える方向さえわかってしまえばこっちのもので、無事に撮影&望遠鏡での導入に成功しました。
写真2.JPG
夕暮れの空に染まる、まさに「赤い彗星」!(※写真をクリックして、拡大して確認してみて下さい)
残念ながら「3倍明るい」ってわけには行かなかった様で...
薄暮の空の中でかすかに尾を引いてるのもかろうじてわかります、写真ではね...


今日は肉眼での観望はムリでしたが、今週いっぱいぐらいは、もしかしたら肉眼で見えるチャンスかもしれません。
もし、肉眼で難しい場合には、望遠鏡や双眼鏡を使えば見ることができます。
自前で望遠鏡や双眼鏡を持たれていない方、今回は全国各地で観望会が予定されています。ぜひ足を運んでみてください。


パンスターズ彗星はどっちの方角に見えるのか、どんな風に見えるのか、そして観望会情報などは、
以下のキャンペーンサイトでまとめられています。

パンスターズ彗星を見つけようキャンペーン:http://pan.astro-campaign.jp/
こちらのサイトも、ドンドンと全国からの観測報告が上がってきてますね。
ぜひ見えたら(見えなくても)このページで報告していってください。
そして、写真をとれた方は色んな所へ投稿してみてください。

皆さんが無事にパンスターズ彗星を観望できることを願ってます。
そして、初冬に訪れる、今度こそ肉眼での観望が期待大なアイソン彗星を楽しみに待ちましょう。
ではノシ