2014年02月13日

SEEC2014レポート#5(終了)

 2月8日、SEEC最終日のレポートです。この日はJAXAのセッションはなかったので、各自、他のセッションに
参加していました。
 参加したセッションをひとつ紹介します。これはExploring the Solar Systemという太陽系の探査を題材にした
セッションで、NASTARという組織のGregory P. Kennedy氏が探査機の紹介をしたほか、彼らが子供向けにも
使っているという着陸船をテーマにした工作を行いました。日本でもエッグドロップで知られているものですね。
私もほかの参加者とともに作ってみましたが、着地の向きや部品取り付けの関係か失敗してしまったので、
ちょっと悔しかったです。

seec5-1.jpg
工作を行う参加者

 この日最後に行われた基調講演にはKen Cameron氏が登場しました。氏は3度宇宙に行ったことのある宇宙飛行士
です。写真を交えながらシャトルミッションの色々な場面を説明していましたが、印象的だったのは下の写真です。
この時のミッションでは、スペースシャトルでロシアの宇宙ステーションのミールとドッキングするための部品を
運んでおり、ミールの乗組員と共同で作業にあたっていました。ドッキング自体は2回目だったようです。冷戦は
終わっていたとはいえ、空軍のパイロットだった二人が協力する様子は当時も意味のあるものだったのではないか
と思います。

seec5-2.jpg
握手するKen Cameron氏とユーリ・ギジェンコ氏

以上で、SEEC2014のレポートを終わります。大変に密度の濃い3日間でしたが、参加した先生からの感想で最も
記憶に残っているのは「教えることが好きだということを再確認できた」というお話です。場所や言葉が変わっても、
何かを伝えたいという想いが相手を動かしていく力になっていくのではないでしょうか。参加した先生方はきっと
今までよりもさらに学びを広めていくことと思います。今後も宇宙教育センターではSEECに参加していく予定です
ので、新しい先生方にも奮って応募いただきたいと思います。