2015年02月10日

SEEC2015~SEEC初日編~

皆さん、こんにちは。アメリカのビッグサイズなハンバーガーとポテトで少し太り気味の小澤です。2月5日、ついにSEECの初日です。
朝一番はNASAのクレイ・アンダーソン宇宙飛行士の基調講演でした。クレイのユーモアたっぷりの宇宙の話に会場は大盛り上がり!

SEEC3-1.jpg SEEC3-3.jpg

↑クレイはアルマゲドン風のポスターで知られるSTS-131で山崎飛行士と搭乗!最近ではNASAジョンソンスタイル♪でも有名ですね!

さて、基調講演が終わるといよいよセッション開始です。
まず、私が参加したのはNASA-ERC(Education Resource Center)のセッション。ERCは宇宙教育センターのような部門で、Twitter、Facebook、Google+、Youtubeなど様々なソーシャルメディアにおける無償の教育コンテンツを開発しています。今回のセッションではipadのAurasmaとSpacecraft 3Dというアプリを使いました。ipadで岩場の写真を映すと、・・・なんとキュリオシティのCGが出てきました!特定の画像に反応して映像が流れる仕組みのようです。スマホやipadを使って新聞、雑誌、教科書などから動画を見る時代が来るかもしれませんね。

SEEC3-4.jpg SEEC3-5.jpg

SEEC3-6.jpg

さて、午後はいよいよJAXAセッションの時間です。
今年の発表者の柴田先生と市橋先生も緊張している様子。でも今までたくさん練習してきたから大丈夫!今日は20名の参加者がきました。JAXAセッションは毎年人気のようです。
柴田先生が発表した無重力実験では、みんな実験装置に興味津々。ロウソクに火をつけて、カメラのスイッチをオンにして、・・・落下!ガツン。何台かのカメラがご臨終しました。(度重なる日本での衝撃実験に耐えてここまで来たのに。。泣)でも、落下中の丸くなった火を見て参加者は歓声を上げていました。

SEEC3-7.jpg SEEC3-8.jpg

SEEC3-9.jpg SEEC3-10.jpg

市橋先生が発表した鏡の実験では、スライドガラスとビニールテープを使って万華鏡を作りました。参加者はみんな一生懸命です。参加者にキューブ型の万華鏡を見せると、「すごいわ!これどうやって作るの!?」と質問がたくさん上がりました。

SEEC3-11.jpg SEEC3-12.jpg

SEEC3-13.jpg SEEC3-14.jpg

最後は参加者からのご要望に応えて市橋先生の三線(さんしん)演奏。柴田先生もそれに合わせて踊っています。拍手喝采でした。

SEEC3-15.jpg

明日もまた様々な楽しいセッションに参加して、明後日(最終日)は2回目の発表です。
この報告はまた次回。ではまた!