おいしい宇宙を召し上がれ♪ 宇宙教育センタースタッフブログへようこそ!
未来を担う子どもたちのため、全国各地を日々飛び回る宇宙教育センターの活動風景や雑感をお届けします。 おいしい宇宙って


2014年01月29日

彗星を作りました

こんにちは。宇宙教育センター 鈴木です。
1月11日、神戸市立青少年科学館にお邪魔致しました。

午前中に彗星を作る、ということで楽しみにしていました。
昨年11月にアイソン彗星の話題が盛んでしたね。
アイソン彗星の軌道模型などもお作りになった方はたくさんいらっしゃると思います。

http://edu.jaxa.jp/campaign/comets2013/

別名「汚れた雪だるま」といわれる彗星、この日はドライアイスと土と水で作りました。

神戸市立青少年科学館040_s.JPG
全部をポリ袋に入れて外側から混ぜていきます。

神戸市立青少年科学館047_s.JPG
そろそろできたかな?

神戸市立青少年科学館060_s.JPG
できた彗星に懐中電灯を当てて、どこからどんなふうにドライアイスが蒸発しているかを観察します。

彗星は地球に近づいてみないとよくわからないことが多いそうです。
それだけにチャンスがあれば自分の目で観察してみたいですね。

ちなみに、私は昔百武彗星を見に近所の方々約10名で出かけたことがあります。
この時、見えた人と見えなかった人がいました。
私は見えなかった一人です。
見えなかった人の共通点は、メガネ・コンタクトレンズ装用でした。
視力のいい人だけが彗星を見ることができて、ちょっと悔しかった思い出があります。

そんなことも思い出した1日となりました。
講師・サポートスタッフ・科顎間のボランティアの方々、お疲れ様でした。
そして見学させていただきありがとうございました。

2013年11月21日

三隅の星を観る会

こんにちは。鈴木です。
11月17日(日)に島根県浜田市の
「三隅の星を観る会」コズミックカレッジに行ってまいりました。

各地のコズミックカレッジの楽しみの一つは
いろいろな方とお目にかかれるのに加えて工夫された教材を拝見できることです。

こちらではフィルムケースを使ったアルコールロケットがありました。
頭の部分にご注目ください。

三隅の星を観る会+002.jpg

普通は円錐形のノーズコーンが付いていたりしますが
ちょっと違いますね。

これを発射して上手く当たると・・・

三隅の星を観る会+010.jpgのサムネール画像

壁一面に貼ってある的にくっつきます!
秘密はマジックテープの使用です。軽いボディならではですね。
大いに盛り上がったお子様方の歓声が印象に残っています。

コズミックカレッジを開催なさった三隅の星を観る会の皆様方には
本当に色々とお世話になりました。
教えていただいた星空の見事さは残念ながら曇りで見ることができませんでしたが
たくさんの思い出をいただきました。
ありがとうございました。

2013年04月24日

2013年 筑波宇宙センター特別公開コズミックカレッジ

皆様、初めまして。
4月より宇宙教育センターで働き始めた鈴木と申します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、4月20日に筑波宇宙センターの特別公開があり、
コズミックカレッジのお手伝いをしに私も行ってまいりました。

ここで盛り沢山な特別公開のあれこれを書けるといいのですが、
コズミックカレッジ会場に張り付いていたためできません(涙)
ですのでコズミックカレッジについて書きます。

ベテラン講師陣によるコズミックカレッジのテーマは「静電気」
ふわふわと空中に浮く「電気クラゲ?」

IMG_4921.JPGのサムネール画像

ちょっと練習が必要ですが、
うまくできるとスズランテープで作ったクラゲが空中浮遊します。

他にも静電気で水の流れを変えたりきゅうりを動かしたり、暗闇で蛍光灯を光らせたり、
ナイロンと塩化ビニールで作る静電気、そしてアクリルとうさぎの毛で作る静電気の違い!
大人でも夢中になってしまう面白い実験ばかりです。

筑波宇宙センター特別公開2013+011.jpgのサムネール画像

↑お子様方も保護者の方々も一心に電気クラゲ本体を作成中の写真です。

笑顔とともにこんな素敵な表情が会場内にあふれていました。
知的好奇心あふれる真剣な眼差し。

IMG_4909.JPGのサムネール画像

これからもお子様方に楽しんでいただけるよう頑張りたいと存じます。
そして皆様方にどこかでお目にかかれることを楽しみにしております♪