“活動を知る” に戻る

2017年度 京都府相楽郡精華町

<主催>

(特)けいはんな文化学術協会
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<後援・共催>

協賛:京都大学地域連携教育研究推進ユニット 後援:木津川市、京田辺市、生駒市各教育委員会

<開催日時>

平成29年7月29日 7月29日13:30~31日12:30 (2泊3日)

<開催会場>

けいはんなプラザ・ラボ棟 3F 

<開催所在地>

京都府相楽郡精華町

<対象>

小学4年~6年

<応募人数>

男女各15名 計30名 先着順

<参加人数>

30名(定員オーバーの応募)開所式には43名の父兄が参加

<参加費>

32500円

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
7月29日12:30~31日12:30 (2泊3日)

2017 けいはんな子ども科学キャンプ(第23回)

1.授業・実験
・吹奏楽器をつくり、音を見よう ・波の話とドップラー効果 ・プラ板の秘密
・ゾル・ゲルの世界 ・天気はなぜかわる
2.自主実験 6項目
 ・光のスペクトル分析 ・食物、飲み物の糖度・PH測定 ・表面張力
 ・音の伝播と楽器 ・苔の顕微鏡観察 ・半導体、一般導線の温度による電気
  抵抗の変化
3.留学生カウンセラーの出身国紹介

開所式後の講演テーマには多くの父兄が最後まで参観された。また、今年から新しい教育の方針に合わせ、最終日に生徒全員に実験結果の発表を取り入れた。

写真は”音の伝播と楽器”の実験風景

斎藤瞭、田中紘子、吉永洋一、各SEL他スタッフ
ページトップへ