“活動を知る” に戻る

2017年度 宮城県大崎市

<主催>

大崎地域広域行政事務組合教育委員会 大崎生涯学習センター(パレットおおさき)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<開催日時>

平成29年8月6日 15:00~17:00

<開催会場>

大崎生涯学習センター(パレットおおさき)研修室,プラネタリウム館

<開催所在地>

宮城県大崎市

<対象>

小学3~6年生

<応募人数>

50名(親子25組)

<参加人数>

49名(親子24組)

<参加費>

1800円

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
15:00~17:00

天体望遠鏡をつくろう!

開始前,昨年度制作の望遠鏡を使って,これから作る望遠鏡の性能や見え方を紹介し,星空・宇宙への導入としました。開始後まず初めに,センターオリジナルテキストを使用して,望遠鏡の種類や仕組みの他,夏の星座についてもクイズ形式で学びました(30分)。続いて天体望遠鏡作りに取り掛かり,制作時のポイント(レンズの向き,触り方,しくみ等)を確認しながら,親子で一緒に取り組みました(30分)。完成後,研修室で操作方法や観察方法(三脚の使い方)を学び,ピントや照準のあわせ方を練習しました。また,太陽系の広がり教材を使用し,見ごろとなっている惑星を中心に大きさやその距離について体感しました(20分)。最後にプラネタリウム館へ移動し,季節の星空をテーマに当夜の空をシミュレートし,星座の見つけ方や見ごろの天体を学びました(30分)。また,プラネタリウムの中で望遠鏡を使った観察練習も行い,親子で一緒に体感しながら学んでいました。今回も好評のうちに終了しました。

松浦 善博,佐々木 由美子
ページトップへ