“活動を知る” に戻る

2017年度 愛知県安城市

<主催>

安城市立東部小学校科学クラブ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<開催日時>

平成29年10月16日 14:50~15:35

<開催会場>

安城市立安城東部小学校

<開催所在地>

愛知県安城市

<対象>

小学4~6年生

<応募人数>

児童16名+教諭1名

<参加人数>

児童15名+教諭1名

<参加費>

無料

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
14:50~15:35

ラムネを作ってみよう

料理用の重曹とクエン酸を混ぜて、反応を観察する。
原料は口に入っても大丈夫なように冨澤商店で食用(重曹1kgとクエン酸500g)を購入。

1.手のひらの上で粉末を混ぜ合わせ、少量の水をたらして泡が発生する
様子を観察する。さらに水をたらした直後としばらく経った後の温度変化を測る
子どもの手の平では15度以上温度が下がり、吸熱反応がどういうものかを
直に体験出来た。

2.小さいチャックポリ袋に、重曹とクエン酸、粉糖を入れて混ぜる、少しずつ水を加えて、
 湿らせ、厚さ3mmにならしておく。袋を切り裂いて、型抜きで好きな形に抜いて
 5分放置し、ラムネ完成。試食する。
 手のひらの上で起きた反応が、口の中では唾液でおきることを確かめる。

 一度に加える水の量、混ぜ方などの違いで成功する子と失敗する子が半々でした。
 化学実験の難しさも体験出来たと思います。

久保田 亜紀子
ページトップへ