“活動を知る” に戻る

2017年度 愛知県安城市

<主催>

安城市立東部小学校科学クラブ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<開催日時>

平成29年11月13日 14:50~15:35

<開催会場>

安城市立安城東部小学校

<開催所在地>

愛知県安城市

<対象>

小学4~6年生

<応募人数>

17名 小学生16名+教諭1名

<参加人数>

15名 小学生14名+教諭1名

<参加費>

無料

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
14:50~15:35

空き缶ロケットを飛ばそう

ロケットの打ちあがる原理を説明して、空き缶ロケット
で疑似体験をする。

空き缶にエタノールを燃料代わりにスプレーして引火させ、かぶせた
紙コップを飛ばした。
燃焼/爆発のエネルギーや熱さを知った。

今日は気温が低めだったため、エタノールの気化がしにくく、手の平で
ちゃんと温めないと、数センチしか紙コップが上がらなかったりで、どうしたら
高く上がるかを子ども同士で考えながら打ち上げていました(写真)。

さらに、何回か打ち上げた後、子ども達が少し離れた場所に点数表を置き、
そこに紙コップが落ちると点数が入る遊びを始めました。
紙コップをはめる向き、空き缶の置き場所、燃料のスプレーの回数によって
紙コップの落ちる位置が変わるので、あれこれ試行錯誤して高得点を狙っていました。
単純に打ち上げるだけよりも、考える要素が増えて良かったです。

久保田 亜紀子
ページトップへ