“活動を知る” に戻る

第19回宇宙を教育に利用するためのワークショップ

2013年2月7~9日の3日間、米国テキサス州のスペースセンター・ヒューストンにて第19回「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」(Space Exploration Educators Conference:SEEC)が開催されました。今回はアメリカ40州とその他3ヵ国から約370名の教育関係者が参加し、100以上のセッションに分かれて発表や議論が行われました。

日本(JAXA)のセッション「Japanese Presentation on Flight」は90分間で行われ、日本全国から公募で選ばれた3人の幼稚園・小学校・中学校の先生方が英語で発表を行いました。毎年好評をいただいている日本のセッション(30名定員/1セッション)は今年も盛況で、参加者はみな熱心に取り組んでいました。

日本のセッション終了後には発表した先生方を参加者が囲み、連絡先を交換したり、自分の考えた教材を提供してくれる姿も見られました。また、セッション参加者が記入する5段階からなる評価シート(SEEC事務局が取りまとめ、後日発表者に送付される)で、日本のセッションはほとんどの項目で“5”(excellent)と高い評価を受けています。

今回派遣された先生方も、自身が発表したセッションでの参加者との交流はもちろんのこと、他のセッションや施設見学、基調講演などに積極的に参加し、情報収集や他国の教育関係者と意見交換を行うなど、充実したワークショップ参加となりました。このワークショップ参加により得られた経験や知見、またそれらの授業への活用実績等は、今後JAXAが開催するワークショップ等で発表していただき、日本の教育現場で広く共有されることを目指すこととしています。

参加者

発表者

  • 埼玉県・学校法人武蔵野学院 武蔵野短期大学附属幼稚園
    森田 直子(もりた なおこ)教諭
  • 東京都・三鷹市立第五中学校
    菅 雅人(かん まさと)教諭 (担当科目:理科)
  • 和歌山県・和歌山市立藤戸台小学校
    成戸 秀和(なると ひでかず)教諭 (担当科目:理科)

関連リンク(プレスリリース)

発表内容

発表者
発表内容
森田 直子 教諭
スチロールペーパーを使ってたこを作ろう!
菅 雅人 教諭
スポイトロケットを飛ばそう!
成戸 秀和 教諭
ロケット安定飛行について(傘袋ロケットを使って)

主なスケジュール

日程
時間
内容
2月6日(水)
11:30~15:30
現地の学校“Ward Elementary School”の視察・授業。
2月7日(木)
7:30~8:00
初心者向けオリエンテーション
8:00~9:15
開会式・基調講演
10:00~11:30
ワークショップ・見学ツアー
11:30~12:30
昼食
12:45~16:15
ワークショップ・見学ツアー
18:30~21:30
ウェルカムレセプション
2月8日(金)
8:00~9:15
基調講演
10:00~11:30
ワークショップ・見学ツアー
11:30~12:30
昼食
12:45~16:15
ワークショップ・見学ツアー
19:15~23:45
バンケット
2月9日(土)
8:00~11:30
ワークショップ・見学ツアー
8:00~9:30
JAXAセッション
11:30~12:30
昼食
12:45~14:15
ワークショップ・見学ツアー
14:30~15:45
基調講演・閉会式

発表報告書

発表風景

01_morita_SEEC
02_kan_SEEC
03_naruto_SEEC

現地校での授業風景

SEECでの発表前に現地の学校で授業も実施しました。

01_morita_school
02_kan_school
03_naruto_school
ページトップへ