“活動を知る” に戻る

2017年度 調布エアロスペーススクール2017

<開催日時>

2017年7⽉26⽇(⽔)〜7⽉28⽇(⾦)2泊3⽇
【1⽇⽬】
 ・なぜ飛⾏機は飛ぶの︖セミナー
 ・飛⾏技術体験
 ・飛⾏技術セミナー
【2⽇⽬】
 ・ジェットエンジン技術セミナー
 ・空気⼒学セミナー
 ・CFD技術体験
 ・風洞技術体験
 ・構造・材料技術セミナー
【3⽇⽬】
 ・研究トピック
 ・プロジェクトセミナー

<開催場所>

調布航空宇宙センター

<対象>

高等学校1年生~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校1~3年生

<参加人数>

20名

実施プログラム

開校式後に実際の試験機やYS-11などの展示物を見学しました。
「なぜ飛行機は飛ぶの?」セミナーでは、飛行機が飛ぶ原理を学びます。
飛行技術体験(回転翼)の様子です。シミュレーターの必要性についても皆で考えました。
飛行技術セミナーの様子です。多くの参加者とって航空機の”安全”について、改めて考える機会になりました。
ジェットエンジン技術セミナーの様子です。原理を学んだ後、展示模型を見ながら理解を深めます。
2日目のお昼前のセミナーでは、空気力学の基礎を学びました。
風洞施設(人工的に空気の流れを作り出す装置)見学の様子です。
CFD技術体験では、思い思いの翼型を作りました。
構造・材料技術セミナーの様子です。軽さと丈夫さを両立させることの難しさを手を動かすことによって痛切に感じている様子が印象的でした。
電動航空機に関する講義の後、興味関心を抱いた参加者たちは若手研究者にたくさん質問を投げかけていました。
FQUROHプロジェクトセミナーの様子です。研究開発の目的や進め方について学びました。
3日間、どうだったかな?
ページトップへ