“活動を知る” に戻る

愛知県・尾張教育研究会理科部会
夏期研修会
テーマ『自然を意欲的に追究し、豊かな心と想像力を培う理科学習』

<全研修を通した趣旨>

尾教研理科部会の全員が集まる会で、授業に役立ち、さらに理科に関する興味を深める研修会とする

<対象>

小中理科教員 79名

<期間>

平成29年8月1日

『研修会記録シート』

実施日
8月1日
合計時間
120分
参加数
79名
時間配分
研修内容
受講者のようす・感想
研修の感想・メモ
講義
(60分)
JAXAの活動概要
・JAXAの事業内容、宇宙教育について理解を深めることができた。
・JAXAの方の話を聞く貴重な体験をさせていただきありがたかった。
・JAXAの方の話を聞くということで、とても楽しみにしていました。興味深い話もあったので、子どもたちにも話してあげようと思った。
演習
(40分)
地球儀・月球儀づくり
・地球儀・月球儀づくりは、機会があれば授業にも取り入れてみたい。
・教材として宇宙を扱うときに、よい教材をいただいた。
講義
(20分)
教材紹介
・宇宙の単元は非常に教材研究が難しいと感じていましたが、本日の講義で無料の宇宙ソフトを教えていただいたのでよかったです。
・宇宙教育の教材は、実物を見せられないので、たくさんの資料をもらえて良かったです。デジタル資料が豊富にあることを知れたので、授業の中でも使ってみたいと思いました。
・地学分野というのはなかなか実物を見せることが難しく教材会社等が作成した映像を見せるしかないのが現状だったのが、JAXAのHPにも資料があるということで活用していけるものはしていきたいと思った。

授業の感想・メモ

  • ・いろいろな準備が大変だったと思いますが、体験することで身近に感じることができました。画像もいろいろ紹介していただいたので。子どもたちに提供していきたいと思います。
    ・宇宙で教える とても興味深い内容でした。理科が専門ではありませんので、全ての話や活動がおもしろかったです。現在4年生を担任しています。星を7月に行い、月は9月に学習します。まず、映像を見せて、今日私が受けとった感動を子どもたちに感じ取ってほしいと思いました。ありがとうございました。

    改善点
    ・作業の時間が足りなかったが、興味深く取り組むことができた。
    ・今日の教材をどう生かすのか、具体的な例を挙げていただきたいと思いました。

愛知県・尾張教育研究会理科部会

ページトップへ