“活動を知る” に戻る

宮城県・多賀城高等学校
テーマ『宇宙技術を用いた自然災害の解析』

<全授業を通した指導目標>

宇宙技術を用いた自然災害の解析をはじめとした自然科学・災害科学の最先端研究について知見を深め,その成果を元に災害理解・災害研究の分野への社会貢献について学習する。また,データ等の活用の仕方など,研究手法について直接研究者から学ぶ機会とする。

<対象>

災害科学科1年生 40名

<期間>

平成29年9月8日~9月29日

<区分>

災害科学

構成表

実施日
時間
形式
人数
授業内容
1
100分
授業
40名
・衛星画像の解析
 衛星画像教育用ソフトEISEIを用いて,衛星画像を解析し,地球の変化を捉える。
講師:大木 真人(JAXA第一宇宙技術部門地球観測研究センター)
2
300分
講義・実習・見学
20名
「地球観測の研究について」
「未来の災害に備えた衛星⇔地上システムをデザインする」
1.グループ議論 2.地球観測に関する世界の最新技術 3.議論の仕方
講師:永井 裕人(JAXA第一宇宙技術部門地球観測研究センター)

宮城県・多賀城高等学校

ページトップへ