“活動を知る” に戻る

2011年度 東京都多摩市(5月)宇宙の学校 第1回目(開校式)

<主催>

多摩市「宇宙の学校」実行委員会

<共催>

NPO法人 子ども・宇宙・未来の会
JAXA宇宙教育センター

<開催日時>

平成23年5月29日(日)

<開催場所>

恵泉女学園大学

<対象>

5歳児~小学校2年生

<参加人数>

親子19組

<講師>

並木道義先生、山下法昭先生、多摩市「宇宙の学校」実行委員の皆さん、
帝京大学児童文化研究会~Step~の皆さん

<備考>

<関連リンク>
2011年5月29日 多摩市「宇宙の学校」開校式(KU-MAウェブサイト)

実施プログラム

・開校式
・熱気球をあげよう

今年度から東京の多摩市で宇宙の学校が始まりました。実行委員会の代表の三浦さんは学校の先生でもなければ市の方でもありません。一般の多摩市民の方が「宇宙の学校」に興味を持ってくださり、開校するまでに至りました。
ボランティアで講師として協力していただいた帝京大学の学生の皆さん。
各班には衛星の名前がつきました。
気球について並木先生の講演が行われました。
普段あまり聞くことができない内容で、皆さん興味深げに聞いていました。
スクーリングはおなじみの「熱気球をあげよう」。
オリジナルの熱気球が天井まであがると、歓声があがりました。
ページトップへ