“HOME” に戻る
2008年6月18日   子ども宇宙サミット実行委員会(苫小牧市、JAXA、YAC、KU-MA) ・子ども宇宙サミット参加者一同

子ども宇宙サミット~美しい星・地球をめざして~ 環境宣言および提言の北海道洞爺湖サミットへの伝達について
-子ども宇宙サミットの環境宣言・提言が外務省経由で今夏の北海道洞爺湖サミットに届けられます-

子ども宇宙サミット実行委員会(岩倉博文委員長(苫小牧市長):日本宇宙少年団(YAC)、苫小牧市、宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び特定非営利活動法人子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)で構成)は、“子ども宇宙サミット~美しい星・地球をめざして~”で参加者の子どもたちによって議論され採択された環境宣言と提言を7月に開催される北海道洞爺湖サミットに届けるため、6月18日に外務省への訪問を行い、環境宣言と提言を託しました。
また、その前の6月16日には、北海道知事への報告も行いました。

同サミットは、平成20年5月23~25日、北海道苫小牧市にて開催され、宇宙から見た地球環境をテーマに、国内外から選考された次世代を担う子どもたち(国内20名・海外5カ国9名)の目線で、「かけがえない美しい星・地球」に暮らす命の大切さや身近な環境問題、そして地球の未来について意見を交わし、提言文を取り纏めました。

子ども宇宙サミットの詳細や環境宣言・提言の内容、および今回の一連の関係機関への訪問についてなどの詳しい情報は、本画面下の関連リンクよりご覧ください。

▲ 外務省にて小池外務大臣政務官へ環境宣言・提言を手渡すサミット参加者代表の子どもたち
▲ 外務省での小池外務大臣政務官、サミット実行委員会の代表、サミット参加者の子どもたちの代表による記念写真
▲ 北海道知事へのサミット報告のようす(苫小牧民報ホームページより)

-小池正勝外務大臣政務官への提言伝達-

日時:平成20年6月18日(水)
場所:外務省内
参加:岩倉博文(子ども宇宙サミット実行委員会委員長/苫小牧市長)
   平林久(同委員会副委員長/宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター長)
   的川泰宣(同委員会副委員長/特定非営利活動法人子ども・宇宙・未来の会 代表)
   小沼さくら(参加者代表/埼玉県立久喜高等学校2年生)
   北村智文(参加者代表/筑波大学付属駒場中学校3年生(YACさくら分団))

-高橋はるみ北海道知事への報告-

日時:平成20年6月16日(月)
場所:北海道庁
参加:岩倉博文(子ども宇宙サミット実行委員会委員長/苫小牧市長)
   平林久(同委員会副委員長/宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター長)
   藤島豊久(同委員会副委員長/日本宇宙少年団北海道分団連絡協議会会長)
   圓山純誓(参加者代表/苫小牧市立ウトナイ小学校5年生(YAC苫小牧分団))
   宮城正司(サミット事務局長/苫小牧市科学センター館長)

関連リンク

ページトップへ