“HOME” に戻る
2010年1月20日   JAXA宇宙教育センター

宇宙空間研究委員会(COSPAR2010) 学生派遣プログラム参加者募集について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、将来の宇宙活動を担う学生の皆様に、学術・人材交流を通じ、宇宙科学に関する理解を深めていただくこと、関連分野における国際理解と親善の促進を目的として、平成22年7月18日(日)~25日(日)にドイツ・ブレーメンにおいて開催される第38回宇宙空間研究委員会(COSPAR 2010)および会期中、国際宇宙教育会議(ISEB:International Space Education Board)主催により開催予定の学生プログラムに参加を希望される学生を募集します。

COSPARは1958年に設立された宇宙科学分野の国際組織で、科学総会の開催や出版物の刊行を主な手段として研究成果・情報・意見を交換することにより、あらゆる種類の宇宙空間の科学研究を推進しています。2年ごとに開催されるCOSPAR科学総会は、宇宙科学関係の総合的な国際学会では最も規模が大きく、地球表面・気象・海洋のリモートセンシング、月・惑星・太陽系、地球惑星大気、惑星磁気圏・太陽系プラズマ、宇宙・天体物理・高エネルギー天文学、宇宙生命科学、材料科学、基礎物理など、様々な分野の研究者が世界各国から参加し、科学成果を発表し、議論を行っています。
宇宙科学における総合的な国際学会でこれまでの研究成果を世界に発信すると共に、さらなる情報の共有化など学術・人的交流を行いたいという学生の皆様からのご応募をお待ちしています。

 国際学生ゾーンでの専門家レクチャー            JAXA学生主催による交流会

-応募資格-

(1)平成22年7月1日現在、満20歳以上満35歳未満の日本国籍を有する大学生又は大学院生。
(2)本プログラムの派遣期間全日程参加可能であること。
(3)英語でのコミュニケーションが可能であること(英語で自分の研究内容を説明・報告ができ、 意思
疎通が図れること)。

※ COSPARへの参加自体は、一般的に開かれているものであり、自費で参加することも可能です。COSPAR 2010の論文要約及び参加支援申請提出締切は、開催地現地時間(ドイツ・ブレーメン)で平成22年2月19日(金)23:59、日本時間で2月20日(土)7:59です。また、 論文要約提出については、COSPAR2010ウエブサイトを、COSPARによる参加費支援への申請についてはこちらを参照してください。JAXA主催の本派遣プログラムの選考に漏れた場合でも、COSPARが別途主催する支援制度により参加費の一部を負担する可能性もあるため、上記ウェブサイトを通じてCOSPARが提示する応募方法に則り、参加費支援申請を期限までに提出されることをお勧めします。

-応募締切-

平成22年4月2日(金) 日本時間午後5時必着(厳守)

-申請方法-

※募集要項を確認の上、指導教官または専攻長等の承諾を得て、下記申請書等を含む提出書類一式をJAXA宇宙教育推進室に送付してください。

-申請様式-

※申請書はワード形式とpdf形式の両方を掲載しておりますので、お使いのPC環境に応じて記入しやすい方を選択してご利用ください。

-誓約書・承諾書-

※誓約書・承諾書はpdf形式にて掲載しておりますので、以下からダウンロードしてご利用ください。

-問合せ先・書類提出先-

COSPAR学生派遣プログラム事務局
〒229-8510
神奈川県相模原市由野台3-1-1
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙教育推進室内
Tel : 042-759-8752 Fax : 042-759-8612
E-mail: cospar(a)edu.jaxa.jp  (メールでのお問い合わせの際は、アドレスの(a)を@に変換の上ご連絡ください)

ページトップへ