“HOME” に戻る
2011年6月10日   宇宙航空研究開発機構 ・日本宇宙少年団本部 ・子ども・宇宙・未来の会 ・ディスカバリー・ジャパン株式会社

「宇宙子どもワークショップ2011」、6月より開催!
東日本大震災後の日本の子どもを元気にするプログラム

宇宙子どもワークショップ2011

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本宇宙少年団(YAC)本部、特定非営利法人子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)、ディスカバリー・ジャパン株式会社は、「宇宙子どもワークショップ2011」実行委員会(実行委員長:的川泰宣)を組織し、①宇宙子どもワークショップキャラバン、②水ロケットコンテスト2011、③宇宙子どもワークショップ全国大会を2011年6月より開催することといたしました。

第1弾として、6月11日(土)12日(日)に宮城県仙台市、青森県三沢市の科学館で山崎直子宇宙飛行士の講演会に合わせて開催いたします。


「宇宙子どもワークショップ2011」の活動目的は、以下の通りです。

1. 水ロケットをはじめとする、宇宙や航空をテーマにしたワークショップを通じ、科学の楽しさや不思議さに触れ、好奇心、冒険心、モノづくり(匠の心)、科学的思考、チームワークを育て、宇宙を通して次世代を担う青少年の育成を行う。

2. 宇宙の幅広い魅力を活用したプログラムにより、青少年の未来への夢・希望を育み、これからの日本の復興と世界をリードするような国づくりへ貢献する。


「宇宙子どもワークショップ2011」では、宇宙飛行士をはじめとするJAXA職員との交流や、宇宙教育に関わる豊富なノウハウ、多様な映像コンテンツを活用したプログラムを積極的に開催し、多くの子どもたちに夢や希望を持ち続けることの大切さを伝える活動を行っていきます。


詳細については、下記専用ウェブサイトをご覧ください。

※以降の開催予定、プログラム内容については決定次第、専用のウェブサイト等にて、随時更新を行っていきます。

関連リンク

ページトップへ