“HOME” に戻る
2013年1月18日   宇宙航空研究開発機構

NASA アカデミー 2013 学生派遣プログラム参加者募集について

宇宙航空研究開発機構 (JAXA)宇宙教育センターでは、国際宇宙教育会議(ISEB)(注1)の枠組みの一環として、1名の学生を夏期に10週間ほど、Research Assistant (RA)としてNASAのエイムズ研究センターに派遣する学生を募集しています。

(注1) ※国際宇宙教育会議(International Space Education Board)
国際宇宙ステーション主要参加国(NASA、ESA、CSA、CNES、JAXAで構成)が設置した、宇宙を教育現場で使うことを推進する会議

-応募資格-

(1) 平成25年6月1日(土)現在、満20歳以上の日本国籍を有する大学生、大学院生(*)
(*)博士課程でも応募可
(2) 本プログラムの派遣期間全日程参加可能であること
(3) 英語でのコミュニケーションが可能であること(英語で自分の研究内容を説明・議論ができ、意思疎通が図れること)
(4) 平成25年2月4日(月)現在(応募締切日)、米国入国に可能なパスポート(残存日数:滞在日+3か月)を所有していること

-派遣先-

米国カリフォルニア州エイムズ研究センター

-派遣期間-

(1)Aeronautics Academy: 平成25年6月10日(月)~8月17日(土)(約10週間)
(2)Space Academy: 平成25年6月17日(月)~8月24日(土)(約10週間)
※派遣期間は(1)か(2)のいずれかになります。NASAにより確定し次第、ご連絡致します。

-募集人数-

1名

-応募締切-

平成25年2月4日(月) (日本時間午後5時必着)

-選考方法・基準および結果通知-

(1) 選考方法
提出された申請書類および電話面接による選考審査に基づき、本プログラムの選考委員により、派遣学生を決定する。
・第1次審査:
提出された申請書類および電話面接による選考審査に基づき、本プログラムの選考委員により、3名を決定。
・第2次審査:
NASA Academyの選考委員により決定。

(2) 求める学生像・選考基準など
・文系・理系を問わず、宇宙教育活動に関心のある学生。
・英語で自分の研究内容を説明・議論ができ、意思疎通が図れる学生。
・チームワーク・リーダーシップがあり、上手にディベートができる学生。
・他の参加学生や、NASA研修者との交流、グループ行動に積極的に参加できる学生。

(3) 選考結果の通知
・第1次審査:
平成25年2月18日(月)までに応募者全員に電子メールで通知する。
・第2次審査:
平成25年3月6日(水)までに第1次審査通過者全員に電子メールで通知する。

-募集要項・申請書・作文様式-

※申請書はワード形式とpdf形式の両方を掲載しておりますので、お使いのPCの環境に応じて記入しやすい方を選択してご利用ください。

※エイムズ研究センターの研究内容については、下記ホームページをご参照ください。
http://academy.arc.nasa.gov/researchprojects
尚、下記研究内容は、輸出管理規制により、参加できません。
Project P1: Lunar Spacecraft Development
Project T3: Robotic Scouting for Lunar Surface Science

-問合せ先・書類提出先-

NASAアカデミー学生派遣プログラム事務局
〒252-5210
神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター内
Tel : 050-3362-7590
Fax : 042-759-8612
E-mail: z-kokusai(a)edu.jaxa.jp
※お問い合わせの電子メールをお送り頂く際は、お手数でも、上記メールアドレスの(a)の箇所を“@”に変更の上、件名にNASAアカデミーと記載してご連絡ください。

ページトップへ