“HOME” に戻る
2014年5月15日   宇宙航空研究開発機構

【募集】サマーサイエンスキャンプ DX 2014 参加者募集中!
      宇宙開発の最前線から学ぼう!~サマー・コズミックカレッジ~

プログラム概要

 宇宙航空研究開発機構は、H-ⅡBロケットなどの日本の主力ロケットや地球観測・高速通信などさまざまな分野に貢献する人工衛星、国際宇宙ステーション(ISS)に完成した「きぼう」日本実験棟での宇宙環境利用、そこで活躍する宇宙飛行士の訓練など、宇宙開発に関わる最先端技術の研究開発を行っています。その研究開発の拠点である筑波宇宙センターにて、さまざまな講義や体験活動、グループワークを通して、「日本の宇宙開発の過去、現在、未来」を学び、考えます。特別コースの施設見学や、宇宙飛行士が地上訓練を行った施設での本格的な宇宙飛行士模擬訓練の体験、JAXA技術者・研究者との交流など、宇宙に関する数々の「ホンモノ」に直接触れることができるプログラムです。

会 場

宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター

参加対象

日本国内の高等学校、高等専門学校(1~3年生)、中等教育学校後期課程に在籍する生徒

募集人数

24名

プログラム内容

☆講義☆
宇宙開発の最前線に携わる専門職員から、学校ではまず習えない宇宙開発の最前線について、
多面的な切り口から講義を行います。

例)「人工衛星の開発・地上試験」・「打ち上げを間近に控えた人工衛星の最新情報」
  「人工衛星の運用とデータ解析」・「ロケットの仕組みと打ち上げの詳細」
  「宇宙飛行士の健康管理と宇宙医学」・「宇宙開発を支える文系の業務」など


☆施設特別見学☆
ホンモノの人工衛星などが展示されている展示施設だけでなく、普段入ることができない施設への
見学ツアーも予定しています。


☆実習☆
自分たちの手で作製したアンテナで、宇宙で現在運用中のホンモノの人工衛星の電波を受信し、
データ解析をしたり、火薬の力で飛翔するモデルロケットを作製し、ミッションを遂行することで、
チームワークによる「ものづくり」の大切さを体感していただきます。


☆宇宙飛行士訓練模擬体験☆
 「宇宙兄弟」にも登場した、実際に宇宙飛行士の選抜や訓練に使われている特殊な施設を利用して、
宇宙飛行士が受けている訓練を模擬したコミュニケーションテストやホワイトパズル、緊急事態への
対処、船外活動訓練などを体験することで、チームワークの重要性やリーダーシップ、フォロワーシップを育んでいただきます。


☆OB・OG会・職員交流会☆
高校時代にサイエンスキャンプに参加し、その後JAXAに入社したサイエンスキャンプのOB・OGに
高校時代の夢や希望、そこからどの様に大学時代を過ごし、JAXAに就職したかを語っていただきます。交流会では講義の講師陣にお越しいただき、研究者を身近に感じる機会を作ります。


☆プレゼンテーション・質疑応答☆
サイエンスキャンプへの参加を通じて、自分が将来どの様に宇宙と関わって行きたいかを発表することで、自らの将来像を見直すきっかけとするだけでなく、他者の考えを知る機会とします。

会場からのひとこと

宇宙を、そして、未来を共に語れる仲間はここにいます!

応募にあたっての注意事項

下記のサイエンスキャンプDX 特設サイトを必ずお読みください。
宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター サイエンスキャンプDX 特設サイト:
http://edu.jaxa.jp/campaign/sciencecamp2014/ 

お申し込み先

下記からお申し込みください。
http://www.jst.go.jp/cpse/sciencecamp/camp/index.html 

応募締切日

2014年6月13日(金)

ページトップへ