“HOME” に戻る
2014年10月6日   宇宙航空研究開発機構

1日宇宙記者「はやぶさ2」参加者募集

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターでの「ホンモノ体験プログラム」として、H-ⅡA26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げの様子を取材する「1日宇宙記者」を開催いたします。このホンモノ体験プログラムは、子どもたちの地球環境に対する意識を高め、いのちの大切さに気づかせるとともに、「好奇心・冒険心・匠の心」を礎に、よりよい未来を築いてゆく人材の育成を目的としています。
 この「1日宇宙記者」への参加者を全国から広く募集いたします。

☆1日宇宙記者「はやぶさ2」☆彡 詳細

■ 主  催 : 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

■ 日  時 : 平成26年11月29日(土)~12月1日(月)2泊3日

■ 場  所 : JAXA 種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡南種子町)

■ 内  容 : (プログラム内容は変更になる場合があります)
       11月29日(土)オリエンテーション、宇宙科学技術館見学、種子島宇宙センター見学バスツアー
               講義「小惑星探査機 『はやぶさ2』について 」(講師:JAXA職員)/質疑応答
       11月30日(日)講義「H-ⅡAロケット打ち上げまで」 (講師:JAXA職員)/質疑応答
               H-ⅡAロケット26号機打ち上げ見学、種子島射場エンジニアへインタビュー取材
       12月 1日(月)帰路

■ 対  象 : 中学1年生~高等学校3年生、中等教育学校(前期・後期課程)、高等専門学校1~3年生

■ 応募資格 : 全日程に参加できること
       日本語での受講が可能なこと

■ 募集人数 : 8名 (左記の他、種子島在住学生2名参加予定)
       ※応募者多数の場合は、選考となります。
       ※選考の場合、応募動機(作文)の内容を重視します。
       ※平日と重なるため、保護者及び在籍する学校とよくご相談の上、ご応募ください。
       ※本プログラム終了後、学校やお住まいの地域において体験発表や取材報告を積極的に行って
        いただくことを期待します。その際は、JAXAより写真や映像の提供などの支援をいたします。

■ 集合場所 : JR鹿児島中央駅改札口(11月29日9:00予定)

■ 解散場所 : 同上(12月1日14:00予定)

■ 参 加 費 : 35,000円程度
       (現地交通費、宿泊費、朝食2回・夕食2回分、教材費など)
       ※企画内容により上記料金は変動します。あらかじめご了承ください。
       ※ご自宅から集合・解散場所への交通費は自己負担となります。
       ※昼食は、現地にて各自で購入していただきます。

■ 応募締切 : 平成26年10月22日(水)24:00必着

■ 参加可否のご連絡 : 平成26年10月31日(金)予定

☆応募方法について☆

下記のお申し込み先メールアドレスに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

・氏名 (※フリガナを必ずご記入ください)
・年齢
・性別
・住所 (※郵便番号を必ずご記入ください)
・電話番号
・メールアドレス
・保護者氏名
・保護者連絡先(電話番号)
・学校名
・学年
・学校長名
・学校住所
・応募動機(400字以内)
 (※応募動機は、メールに打ち込んでください。それ以外の手書きの作文や絵画などはお受けすることが
   できません。あらかじめご了承ください。)

☆お申し込み先・お問い合せ☆

「1日宇宙記者」運営事務局
(株)JTBコーポレートセールス内
 担当: 佐藤 功行 (さとう よしゆき)
 tnsc-jaxa@bwt.jtb.jp

ページトップへ