“HOME” に戻る
2015年5月8日   宇宙航空研究開発機構

「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」発表者募集のお知らせ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成28年2月初旬にアメリカ・ヒューストンにて開催される「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」(Space Exploration Educators Conference:SEEC)への発表者を下記のとおり募集いたします。

1.「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」概要

 本ワークショップは、米国航空宇宙局(NASA)/ジョンソン宇宙センター(JSC)の公式ビジターセンターであるスペースセンター・ヒューストンが主催する教育関係者向けのイベントで、NASA並びに民間企業が協力しており、今回で22回目の開催となります。
 本ワークショップは、全米はもとより、カナダ、ヨーロッパ、アジア、アフリカなどから600名以上の教育関係者が集い、幅広く「宇宙」を教育に活用すべく、様々な指導方法や教材について、170ほどのセッションに分かれて発表、意見交換、情報提供等を行うものです。
 JAXAでは、第12回ワークショップから3名程度の学校教員を派遣し、日本の教育現場において実践されている「宇宙」を題材とした指導方法・事例について発表を行っていただいています。また、日本からの参加者が「宇宙」の教育利用が活発な米国の教育者と交流することによって、新たな視点の発見や参加者間のネットワークの拡大を図っています。
 なお、本ワークショップのプログラムにはNASA/JSCの施設見学も含まれています。

2.開催日程

平成28年2月4日(木)~2月6日(土)(現地時間)
 ※JAXAでは現地での準備並びに現地校との実践交流訪問などを含む旅程を計画していますので、日本時間で平成28年1月31日(日)出発~2月8日(月)帰国の予定です。
(旅程の詳細につきましては、派遣決定者の方々へ別途ご連絡いたします。)

3.募集枠・人員

本ワークショップにて発表並びに現地校との交流訪問を行う教育関係者を募集いたします。
 ※今年度の詳細なプログラムはまだ決定していませんが、1人当たり25分程度の発表時間になる予定です。
応募書類・費用等につきましては、別添の募集要項をご参照ください。
募集人員:3名程度

4.応募資格

・現在、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校いずれかの教職にある方。(担当科目は問いません)
・事前調整会を含め、全日程参加できる方。
・英語でコミュニケーションができる方。(ワークショップは全て英語で行われます。発表の際はJAXAからサポートを行い、事前の英語発表練習会なども設定しますが、発表自体はご自身で英語でプレゼンテーションをしていただきます。発表原稿については、JAXA側にて英訳・ネイティブチェックをいたします)

5.ワークショップ参加後の成果・活動報告等

・帰国後、ワークショップ参加報告書をご提出いただきます。
・本ワークショップに参加された経験や得られた知見を、同年度、若しくは翌年度中に少なくとも一度以上授業等に活用し、その結果を報告していただきます。
・本ワークショップに参加された経験や得られた知見、またそれらをもとにした教育現場への活用実績について、同年度、若しくは翌年度中に少なくとも一度以上、研修会・教育サークル等での発表や紙面による報告を通じ、成果の共有を図っていただき、その状況を報告していただきます。
・JAXAの各種宇宙教育活動へのご協力をお願いすることがあります。

6.応募締め切り

平成27年8月21日(金)17:00必着

7.問合せ・書類提出先

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙教育センター内
「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」発表者募集事務局

住所:〒252-5210 神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1
電話:050-3362-4630
FAX :042-759-8612

8.選考

・提出書類をもとに発表者を選考いたします。
・選考段階において、電話によるインタビューを行う場合があります。
・選考結果につきましては、9月初旬に通知させていただく予定です。
・選考結果はプレスリリース等で公表する予定です。選出された方は、所属学校名、ご氏名が掲載される旨、あらかじめご承知おきください。

9.事前調整会

 合格者は下記日程にて予定の事前調整会に参加していただきます。(詳細は合格者に別途通知)
 1)平成27年10月4日(日)
  場所:JAXA相模原キャンパス
  時間:10:00~15:00(予定)
  内容:SEEC派遣に関する説明、発表演示(日本語)、演示についての意見交換

 2)平成28年1月17日(日)
  場所:JAXA相模原キャンパス(予定)
  時間:未定 
  内容:発表演示(英語)

  ※1)終了後、合格者には10月中を目処に日本語原稿と発表資料を作成していただき、確定後にJAXA側で英訳し、12月初旬を目処に英語原稿をお渡しできる予定です。

10.後援

文部科学省(予定)

12.募集要項・申込用紙など

下記よりダウンロードし、要項をご確認ください。
また、申込用紙はワード、PDFをご用意しておりますので適宜ご利用ください。

ページトップへ