“HOME” に戻る
2018年4月27日   宇宙航空研究開発機構

名古屋エアロスペーススクール2018募集要項

 名古屋エアロスペーススクールは、「日本の航空宇宙分野の最前線」を体験する3泊4日のプログラムです。日本の航空宇宙産業の中心地である名古屋地域を巡り、大学・企業・研究機関の垣根を越えて最前線を体験します。名古屋大学、JAXA名古屋空港飛行研究拠点での講義や実習、三菱重工業株式会社での宇宙機製作現場の見学、世界最大のプラネタリウムを有する名古屋市科学館でのミッション報告会など、様々な内容が予定されています。

この「名古屋エアロスペーススクール2018」の参加者を全国より広く募集いたします。

概要

主  催:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
共  催:名古屋大学大学院工学研究科・名古屋市科学館
協  力:三菱重工業株式会社
会  期:平成30年8月7日(火)~8月10日(金)3泊4日
会  場:JAXA名古屋空港飛行研究拠点、名古屋大学、名古屋市科学館
     三菱重工業株式会社
対  象:応募締切日時点で、原則、日本国内の高等学校、中等教育学校後期課程(4~6学年)
     または高等専門学校(1~3学年)に在籍する生徒及び学生
応募資格:全日程に参加できること
     日本国内の教育機関に通う者で、日本語での受講が可能なこと
     ※参加者の皆様には、本プログラムへ参加後、学校やお住まいの地域において
     体験発表や報告会などを積極的に行っていただくことを期待します。
     その際は、JAXAより写真や映像の提供などの支援をいたします。
定  員:24名
選  考:応募多数の場合、応募動機400字による書類選考となります。ご了承ください。
参 加 費:35,000円程度(宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ)
     ※集合・解散場所からご自宅までの交通費は、自己負担となります。
集  合:8月7日(火)13:00 名古屋市科学館
解  散:8月10日(金)13:00 名古屋市科学館(予定)

選考に合格された方は、株式会社日本旅行(運営協力)の実施するツアーにお申込みいただきます。

応募方法

【応募フォームはこちら】
当ホームページにて最新情報を確認の上、応募フォームよりご応募ください。

応募期間:平成30年4月28日(土)~6月2日(土)22時必着
選考結果のご連絡:平成30年6月下旬

スケジュール(予定)

【1日目】(場所:名古屋市科学館)
 ・開校式
 ・紹介:名古屋市科学館
 ・見学:航空宇宙に関するフロア・プラネタリウム
 ・ミーティング

【2日目】(場所:三菱重工業株式会社/MRJ MUSEUM)
 ・見学:MRJ MUSEUM
 ・講義・見学:三菱重工業株式会社
 ・講義:名古屋大学における航空宇宙工学
 ・実習:模擬飛行機製作

【3日目】(場所:JAXA名古屋/名古屋大学)
 ・講義・見学:JAXA名古屋空港飛行研究拠点
 ・講義:名古屋大学大学院工学研究科 附属フライト総合工学教育研究センター
 ・実習:模擬飛行機 飛行コンテスト
 ・実習:研究室訪問
 ・グループディスカッション

【4日目】(場所:名古屋市科学館)
 ・グループ発表準備
 ・ミッション報告会
 ・閉校式

※プログラムの内容は変更になる場合があります。

参加者の声

参加者からのメッセージをご紹介します。

参加したいが、意識高い人たちばっかりで自分は場違いではないかと思う人。宇宙好きと言ってはいるがこの先宇宙で働くか決心がついていない人。自分はその両方だった。しかし、応募動機を考えることで、自分に向き合うことで、気持ちの整理ができ前に進むことができた。是非ともまずは動機を考えてほしい。
(愛知県・高2・男子)

このような貴重な経験ができるのは高校生のうちだけです。ぜひ、興味のなかった分野やよく知らない分野にも疑問を持ち、可能性を広げてください。また、積極的に友達を作って、考えを深め合ってください。
(宮城県・高2・女子)

このプログラムでは貴重なことを学べます。それを体験すれば将来の選択に役立ちます。僕は以前、大学では宇宙のことを学んで、それを活かせる会社に入ろう、というような漠然とした将来を考えていました。しかし、この体験を経た今は、宇宙工学の○○を学び、それを研究する部署のある△△を目指そう(○○や△△の候補が複数あり、まだ決めかねています)という考えになりました。参加して得るものは多く、どれも役に立つものです。少しでも参加したいと思ったならば応募を推奨します。
(静岡県・高2・男子)

ページトップへ