“HOME” に戻る

宇宙教育プログラムレポート

JAXAサマースクール2016

7月下旬から8月上旬にかけて、各地のJAXA事業所や宇宙航空関係機関、地域等が協力して実施する高校生向け宇宙教育プログラム「JAXAサマースクール2016」が開催されました。本年度は全国4ヶ所(大樹、調布、角田、筑波)のJAXA事業所に全国から高校生が集まりました。筑波会場(筑波宇宙センター)では、各分野の専門家による講義や体験活動を通して、「よりよい人類社会を実現するための地球観測」について考えました。アンテナ制作作業や人工衛星の画像解析、ディスカッション等、初めてのことや慣れないことにも全力で取り組み、アイディアや意見を出し合う参加者の皆さんの積極的な姿がとても印象的でした。
各プログラムの様子は、開催期間中に宇宙教育センターのtwitterからリアルタイムで紹介いたしました。筑波会場をはじめ、他会場の様子も写真や動画でご覧いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね!

宇宙教育センターTwitter (@spaceedu_info)
https://twitter.com/spaceedu_info

開催期間中のツイート
https://twitter.com/search?q=from%3Aspaceedu_info%20since%3A2016-07-27%20until%3A2016-08-11&src=typd

お知らせ

10月実施予定のイベント

2) 10月実施予定のイベント

■ 施設公開に行こう!
ついついどこかに出かけたくなる、過ごしやすい季節となりました。レジャー施設のほか、お出かけ先の選択肢として研究機関や大学の「施設公開」はいかがでしょうか。毎年秋には各地で入場無料の施設公開があります。以下に各地で開催される施設公開をご紹介いたします。詳しい内容などはリンク先を参照してください。

★JAXA 地球観測センター(埼玉県比企郡)
10月2日(日) 午前10時 - 午後4時
※入場は午後3時まで
http://www.eorc.jaxa.jp/event/2016/koukai/ev160823.html

★JAXA 調布航空宇宙センター(東京都調布市)
10月2日(日)午前10時 - 午後5時
※入場は午後4時30分まで
http://fanfun.jaxa.jp/event/detail/8160.html

★JAXA 筑波宇宙センター(茨城県つくば市)
10月15日(土)午前10時 - 午後4時
※入場は午後3時30分まで
http://fanfun.jaxa.jp/event/detail/8277.html

★海洋研究開発機構 横浜研究所(神奈川県横浜市)
10月22日(土)午前10時 - 午後4時30分
※入場は午後4時まで
http://www.jamstec.go.jp/j/pr/public_open/yokohama/2016/

★国立天文台 三鷹キャンパス(東京都三鷹市)
10月21日(金)-22日(土)
21日(金)は、午後2時 - 午後7時
22日(土)は、午前10時 - 午後7時
※両日とも、入場は午後6時まで
http://www.nao.ac.jp/open-day/2016/

★東京大学 柏キャンパス(千葉県柏市)
10月21日(金)-22日(土)
両日とも、午前10時 - 午後4時30分
http://www.kashiwa.u-tokyo.ac.jp/opc2016/

★理化学研究所 神戸キャンパス(兵庫県神戸市)
11月5日(土) 午前10時 - 午後4時
※入場は午後3時45分まで
http://www.aics.riken.jp/jp/outreach/library/topics/openhouse2016.html

参加者募集中のイベント等

■宇宙教育指導者セミナー(2016年10月23日 上田会場)
高校生を除く18歳以上の方で、宇宙教育に関心がある、またはすでに宇宙教育教材等を活用して青少年育成活動を実践している方を対象に、宇宙教育指導者セミナーを長野県上田市にて開催いたします。セミナーを受講された方は宇宙教育リーダーとして登録され、宇宙教育センターのお送りする情報や、教材の貸出などのサービスを受けることができます。
詳しくは以下のURLをご覧ください。

【YACセミナー】宇宙教育指導者セミナー(10/23上田会場)
http://edu.jaxa.jp/education/leader/seminar/archive/2016/yacueda/

新規刊行物、Web更新情報

■宇宙(そら)のとびら 第37号(2016年秋号)
宇宙教育情報誌「宇宙のとびら」最新号は見どころがいっぱい!今回の特集は「フライトディレクタのお仕事」。フライトディレクタの業務内容の紹介のほか、8月に新装したばかりの「きぼう」日本実験棟の運用管制室の様子についてもお伝えします。また、好評連載の「星空+天文学」では、11月14日に地球に最接近する”月”に関する情報を文化的な面からも紹介しています。下記のURLからPDF版がダウンロードできます。ぜひご覧ください。

http://edu.jaxa.jp/materialDB/detail/79229

Quale of Qualia (編集後記)

本メルマガは1ヶ月お休みをしましたが、本号からまた宇宙教育に関するさまざまな情報を毎月お届けしていきます。どうぞ宜しくお願いします。

さて、上でお伝えしたとおり、この秋は各地で施設公開などのイベントが行われますが、宇宙利用・宇宙科学の動向も気になるところ。ざっとまとめてみます。

大西卓哉宇宙飛行士がISSから帰還
静止気象衛星「ひまわり9号」 打ち上げ
宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機 打ち上げ
ジオスペース探査衛星「ERG」 打ち上げ
気象変動観測衛星「GCOM-C」 打ち上げ
超低高度衛星技術試験機「SLATS」 打ち上げ

いずれも詳しい日程は予定/未定ですが、みなさんにとって「地球のこと」「宇宙のこと」を考える機会になることを期待しています。

メールマガジンについて

発行
JAXA宇宙教育センター
編集担当
國方 則和
  • メール配信停止につきましては、「メールマガジン」ページの「メールマガジン解除」から行ってください。
  • メールアドレスの変更につきましては、「メールマガジン」ページから現在のメールアドレスを解除し、新しいメールアドレスで再度登録を行ってください。
  • 本メールは、個人情報に対するポリシーおよび利用規約に基づいて配信しています。詳しくは「サイトポリシー」をご覧ください。
  • 本メールの掲載情報はメール発行日現在のものであり、予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 本メールの再配信、また本メールの記載内容の無断転載・転用・編集はご遠慮ください。

ご意見・ご感想等

ご意見・ご感想はこちらへお寄せください。
宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター
E-mail : magazine@edu.jaxa.jp

ページトップへ