“HOME” に戻る

宇宙教育プログラムレポート

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム愛媛・松山大会

6月3日(土)~9日(金)の7日間、愛媛県松山市で宇宙技術および科学の国際シンポジウム(ISTS)が開催されました。世界各国から集まった研究者や技術者の研究発表の他に、教育活動に関するセッションもありJAXA 宇宙教育センターも発表を行いました。シンポジウムの様子は「宇宙のとびら-net」に掲載されていますので、ご覧ください。

宇宙のとびら-net
https://kids.gakken.co.jp/soratobi/educational/1706/

お知らせ

参加者募集中のイベント等

今回は3件ご紹介します。全国の先生方、必見です!

■1日宇宙記者「みちびき3号機」@種子島宇宙センター 参加者募集中
「高校生」と「高校教員(以下、教員)」が対象ですが、航空宇宙に関する知識の有無は問いません。現地での体験や感じた事を自分の言葉にして、より多くの人たちの記憶に刻み込む活動にチャレンジしませんか?

実施期間:8月10日(木)~8月13日(日)(3泊4日)
募集人数:高校生6名、教員2名
応募締切:7月10日(月)10時必着
募集ページ:
http://edu.jaxa.jp/news/20170623.html

■JAXA主催教員研修 @福岡を開催します
この研修はJAXAの難しい技術の話や最新の研究についての講演会ではなく、「理科」に特化した研修でもありません。「宇宙」という素材を授業に利用したり、様々な教科での活用のきっかけを考えたりするような研修です。理科が苦手な方もぜひご参加ください。

【福岡会場】
開催日時:8月28日(月)13時00分~16時30分
会場:福岡県大野城市中央コミュニティセンター
応募締切:8月18日(金)※最大40名に達した場合は先着順とします。
募集ページ:
http://edu.jaxa.jp/news/20170613.html

※相模原会場は定員に達したため応募を締め切りました。ありがとうございました。

■(再掲)宇宙を教育に利用するためのワークショップ 発表者募集中
平成30年2月初旬にアメリカ・ヒューストンにて開催される「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」(Space Exploration Educators Conference:SEEC)への発表者を募集しています。

対象:現在、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校いずれかの教職にある方
応募締切:9月1日(金)17時締切
募集ページ:
http://edu.jaxa.jp/news/20170417.html

新規刊行物、Web更新情報

■宇宙(そら)のとびら第40号を発行
宇宙教育情報誌「宇宙のとびら」第40号を6月30日に発行しました。PDFデータをWebサイトで公開中です。
https://edu.jaxa.jp/soratobi/

■宇宙教育教材「コミュニケーション力をきたえよう!」を公開
現場で一番人気の教材です。星出宇宙飛行士が出題する動画も併せてご利用ください。
http://edu.jaxa.jp/materialDB/contents/detail/#/id=79252

■2017夏休み「自由研究特集」を公開
もうすぐ夏休み。自由研究を「宇宙で」やってみよう!
http://edu.jaxa.jp/jiyukenkyu/

Quale of Qualia (編集後記)

7月7日は七夕です。織姫と彦星のストーリーは皆さんご存知ですよね。実はJAXAはかつてこの七夕伝説にちなんだ名前を持つ人工衛星を打ち上げたことがあります。それは1997年11月に打ち上げられた「きく7号」。この名前だけ聞くとどこが七夕?という感じですが、このきく7号は2機の人工衛星がセットになって、ランデブーやドッキングの実験を行うものでした。その2機の人工衛星が「おりひめ・ひこぼし」と名付けられていたんです。

JAXA|技術試験衛星VII型「きく7号」(ETS-VII)
http://www.jaxa.jp/projects/sat/ets7/index_j.html

この「おりひめ・ひこぼし」の実験は、自動や遠隔操作でランデブーやドッキングを行うもので、親機である「ひこぼし」はロボットアームを備え、子機である「おりひめ」を掴んでドッキングするという実験も行われています。これでピンときた方もいるかもしれません。そう、ここで得られた知見は、現在の国際宇宙ステーションへの「こうのとり」のランデブー、ドッキング技術に生かされているんです。

星空の中の「おりひめ」と「ひこぼし」は7月7日に1年に1回だけ出会いますが、JAXAの「おりひめ・ひこぼし」は「こうのとり」と国際宇宙ステーションに姿を変えて、いまも宇宙で出会っているというわけです。

メールマガジンについて

発行
JAXA宇宙教育センター
  • メール配信停止につきましては、メールマガジン本文末尾に解除手続きへのリンクがあります。
  • 本メールは、個人情報に対するポリシーおよび利用規約に基づいて配信しています。詳しくは「サイトポリシー」をご覧ください。
  • 本メールの掲載情報はメール発行日現在のものであり、予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 本メールの再配信、また本メールの記載内容の無断転載・転用・編集はご遠慮ください。

ご意見・ご感想等

ご意見・ご感想はこちらへお寄せください。
宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター
E-mail : magazine_edu@ml.jaxa.jp

ページトップへ