“HOME” に戻る
2017年3月31日   宇宙航空研究開発機構

【受付終了】大樹エアロスペーススクール2017 参加者募集について(※5月25日更新)

 大樹エアロスペーススクールは、「宇宙科学実験の最前線」を体験する3泊4日のプログラムです。大樹航空宇宙実験場では、広大な実験環境を利用して「大気球」による様々な宇宙科学実験が行われています。大気球は人工衛星や観測ロケットと並ぶ科学観測と宇宙工学実験のための飛翔体です。地球大気・光学天文・宇宙粒子線などの観測や、航空機・ロケット・国際宇宙ステーションに関連する宇宙工学実験など、多種多様な観測や研究が進められています。このような幅広い観点から日本の宇宙科学ミッションについて考えます。

概要

主  催:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)・北海道大樹町
後  援:北海道
運営協力:株式会社日本旅行
会  期:平成29年7月25日(火)~7月28日(金)3泊4日
会  場:JAXA大樹航空宇宙実験場、大樹町宇宙交流センターSORAほか
対  象:応募締切日時点で、日本国内の高等学校、中等教育学校後期課程(4~6学年)
     または高等専門学校(1~3学年)に在籍する生徒及び学生
応募資格:全日程に参加できること
     ※参加者の皆様には、本プログラムへ参加後、
     学校やお住まいの地域において体験発表や報告会等を積極的に行っていただくことを期待します。
     その際は、JAXAより写真や映像の提供などの支援をいたします。
定  員:20名
選  考:応募多数の場合、「応募動機」400字による書類選考となります。ご了承ください。
参 加 費:18,000円程度(宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ)
     ※集合・解散場所からご自宅までの交通費は、自己負担となります。
集合・解散場所:とかち帯広空港 1階到着ロビー
     ※集合:7月25日(火)13:30 解散:7 月28 日(金)14:00(予定)

応募方法

【応募フォームはこちら】
  当ホームページにて最新情報を確認の上、応募フォームよりご応募ください。

応募〆切:平成29年6月11日(日)22時必着
参加可否のご連絡:平成29年6月下旬

スケジュール(予定)※5月25日更新

【1日目】
・オリエンテーション
・北海道大樹町の紹介
・講義「宇宙科学実験の最前線」
・JAXA大樹航空宇宙実験場の施設見学
・ミーティング

【2日目】
・講義「ハイブリッドロケット開発」
 北海道大学大学院工学研究院 永田晴紀先生
・大樹町宇宙交流センターSORAの展示見学
・講義「国際宇宙ステーション補給機の開発(仮)」
・講義「日本のロケット開発」
・実習「モデルロケット制作」
・ミーティング

【3日目】
・実習「モデルロケット打ち上げ」
・大樹町内宇宙関連企業の見学
・講義と実習「人工衛星を利用した未来の農業」
・講義「宇宙開発を支える様々なお仕事」
・交流会
・ミーティング

【4日目】
・プレゼンテーション準備
・ミッション報告会
・閉校式

※ プログラムの内容は変更になる場合があります。

参加者の声

昨年度参加者からのメッセージをご紹介します。

★このスクールに参加して本当にたくさんのことを学ぶことができました。技術者、研究者さんの生の声を聞き、宇宙開発の現場を見て同じ夢を持った仲間の熱意を知る。もしあなたの夢が宇宙に関わる仕事に就くことならば、この体験は必ず夢を叶える力になると思います!(高2・女子)

★このスクールでは、教科書では学べない開発の真髄を学ぶことが出来ます。また、全国に同じ思いをもった仲間が数多くできるのも魅力の1つです。迷っているならぜひ、高校生でしか体験できないことを経験すべきです。(高3・男子)

★私は今回のスペーススクールで仲間との出会いが特に大事だと感じました。全国に散らばっている同志が集まり、一緒に活動する。そんな中で出会った仲間とは一生続くような絆を作ってほしいと思います。(高1・男子)

関連リンク

ページトップへ