SEEC(宇宙を教育に利用するためのワークショップ)
派遣プログラム

SEEC派遣プログラムとは?

SEEC派遣プログラムとは?

JAXAでは、日本の教育関係者を海外へ派遣する
プログラムを実施しています。

アメリカであなたの教材を紹介してみませんか

SEECは、NASAの公式ビジターセンターであるスペースセンター・ヒューストンが主催する教育関係者向けのワークショップです。

各国より500名以上の教育関係者が集い、広く「宇宙」を教育に活用すべく、指導方法やオリジナルの教材について発表、意見交換、情報提供等が行われます。

JAXAでは、第12回ワークショップから教員を派遣し、日本の教育現場において実践されている「宇宙」を題材とした指導方法・事例について発表を行っています。本ワークショップや現地校での授業・交流を通じて、世界視野での宇宙教育を日本に持ち帰り、広めていただきます。

SEEC
 PDF(1.2MB)

※2020年度版は作成中です。

  • SEECセッションでの発表
    SEECセッションでの発表
  • ヒューストン現地校での授業
    ヒューストン現地校での授業

JAXAでは、このワークショップで発表する教員を毎年数名派遣しています。

派遣された方々には、ワークショップに参加することで得られた経験や知見をその後の日本での教育活動に幅広く活用していただきます。

JAXAでは、その活用実績や学会・教育サークルでの発表状況に関して定期的に報告を求めるとともに、それらの成果を宇宙教育に関するシンポジウム等で紹介することで、教育現場で広く共有されることを目指しています。

対象 幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校
いずれかの教職にある方(担当科目は問いません)
期間・日程 2月上旬の1週間程度
場所 スペースセンター・ヒューストン(米国テキサス州)
募集時期 4~8月中旬
後援 文部科学省(予定)
参考 SECC公式ウェブサイト(英語)

※ 開催時期・募集時期は毎年変わりますので、詳細は事務局にお問い合わせください。

募集要項

募集要項

宇宙を教育に利用するためのワークショップ(SEEC)の募集要項です。

募集要項

お問い合わせ先

JAXA宇宙教育センター
SEEC派遣プログラム事務局
TEL : 050-3362-4630
E-MAIL : school_edu@ml.jaxa.jp

このページのTOPへ