宇宙を活用した教育実践例

宇宙産業と自作ロケット

香川県・香川大学教育学部附属高松中学校

  • 中学生
  • 学校教育

概要

香川県・香川大学教育学部附属高松中学校
中学3年生
120名
平成21年10月~12月、平成22年5月~7月、平成23年9月~
総合教科(未来志向科)
「宇宙産業と自作ロケット」
・JAXAビデオ
・ロケットブック
・自作ロケット
・復習させる学習内容として
・ビデオ視聴やロケットブックを使っての授業は非常に熱心に取り組めていました。
実際にモデルロケットを製作させることで、未知の世界であった宇宙がより身近なものとなったと感じたようです。自作ロケットに関しては、生徒も興味深く取り組んでいました。自作ロケットの打ち上げ時は感動し、「はやぶさ」などの新聞等報道もあり、以後の生活や宇宙に関する国際的な取組にも興味が湧いたようである。

授業・活動後の先生のご感想、ご要望など

  • ロケットブックは非常にわかりやすまとめられていて、生徒も活用しやすかったようです。今後とも提供していただければ幸いです。
  • ビデオは、インターネット上で活用できるが、できればDVDなどがあると活用しやすいと感じました。
  • 宇宙ステーションでの実験映像などをDVD等で提供していただけると、導入などで利用できます。
  • 「はやぶさ」などの最新情報も含めて情報提供をしていただけると、生徒の興味・関心も高まると思います。




香川大学教育学部附属高松中学校URL
http://www.ed.kagawa-u.ac.jp/~takachu/

授業の様子

授業の様子1
授業の様子2
宇宙を活用した教育実践例実績一覧

このページのTOPへ