“活動を知る” に戻る

2002年度 エデュケータコース 2002年度 1日コース 相模原

<開催日時>

2003年 1月11日(日)

<開催場所>

JAXA相模原キャンパス(神奈川県相模原市)

<スケジュール>

時間
内容
担当講師
10:00~10:20
開講式
的川 泰宣 (あいさつ)
10:20~11:00
講話1「コズミックカレッジと宇宙教育」
宮崎 總一
11:10~12:00
教材演習(真空実験、惑星への旅)
飯牟禮 俊紀・三村 伸一
12:10~13:10
昼食
13:00~13:50
宇宙研施設見学
竹前 俊昭
14:00~14:50
講話2 「太陽系外惑星を探る」
村上 浩
15:00~15:30
質疑応答・意見交換
的川 泰宣・宮崎 總一・飯牟禮 俊紀・三村 伸一・村上 浩
15:40~16:00
修了式、アンケート記入

実施プログラム

受講者の感想

講話1 「コズミックカレッジと宇宙教育」

宮崎先生の話は子供に本物にふれさせて夢を与えたいという思いが伝わってきました。村上先生の話は、観測データに基づいてグラフなどを使ってわかりやすかったです。とてもおもしろかったです。(中学校非常勤講師)
"宇宙" という視点から見るという大きな物の捉え方は、私たちにとって忘れがち、というより生活の中では感じられない。だけどとても大切なものに改めて気づくことができました。子どもたち、そして私たち、生命にとって大切なことをたくさん感じた講話でした。(小学校教諭)

教材演習(真空実験、惑星への旅)

アルコールロケットを作ってみたいと思った。真空でふっとうした時の水の温度に触れ、あらためて不思議な思いがわいた。(小学校教諭)
「惑星への旅」は本や図では実感しにくい "宇宙" の位置関係が分かりやすくてよい。「真空」は大人も楽しめそうです。(科学館解説員)

宇宙研施設見学

なかなか個人では見ることのできないような見学をさせていただきました。宇宙に対する知識の乏しい私にとっては、くわしく説明していただいたので、わかりやすかったです。見学しながら、周りにいた方々がいろいろ教えてくださったのもうれしかったです。(小学校教諭)
何を研究されている所か、以前から知りたいと思っていました。実際のロケットや人工衛星が見れて感動しました。(中学校教諭)

ページトップへ