“活動を知る” に戻る

2004年度 エデュケータコース 2004年度 1日コース 長崎

<開催日時>

2004年 11月6日(土)

<開催場所>

長崎市科学館(長崎県長崎市)

<スケジュール>

時間
内容
担当講師
10:00 ~ 10:20
開講式
10:20 ~ 11:00
講話1「コズミックカレッジと宇宙教育」
宮崎 總一
11:10 ~ 12:00
教材演習1(コズミックカレッジのカリキュラム紹介)
飯牟禮 俊紀 ・中村 雄一
12:00 ~ 13:00
昼食
13:00 ~ 14:00
教材演習2(コズミックカレッジのカリキュラム紹介)
飯牟禮 俊紀 中村 雄一
14:10 ~ 14:50
講話2「プラネテスは作り話ではない」
稲場 典康
15:10 ~ 15:30
質疑応答・意見交換
15:40 ~ 16:00
アンケート記入、修了の挨拶

<講師>

宮崎 總一
飯牟禮 俊紀
中村 雄一
稲場 典康

実施プログラム

受講者の感想

講話について

教材の話はとても参考になり、とても楽しかったです。宇宙のゴミの話は今まであまり聞いたことがなかったのでとても興味深かったです。(科学館指導員)
現在の宇宙の問題点がわかり、今後の指導に役に立つと思う。科学の進歩や問題点を見つめる機会になって良かった。(中学校教員)
宇宙教育が単に「宇宙」だけでなく、広がりのある教材となることがよく理解できました。(小学校教員)

教材演習について

中学校の選択理科などで「飛ぶ」をテーマに工作、実験、改良検証、そして理論を組立てて、本日の教材を使っていろいろと試していくのはおもしろいと思いました。また、教科指導の中で少し工夫して演示でできるものもあり、その単元がきたらやってみようと思いました。(中学校教員)
フィルムケースアルコールロケットは宇宙の話とからめて、子どもたちの前でやってみたいと思いました。身近なものでインパクトのある実験ができておもしろかったです。(小学校教員)
マクロザノニアのモデルの作成は、知識として知っていたが実際にやってみると非常に簡単かつ面白かった。熱気球は熱源を別にするというアイデアが面白かったです。プチアルコールロケットはこれまで失敗が多かったのですが、失敗を回避するコツを教えていただいたので非常に参考になりました。(中学校教員)

ページトップへ