“活動を知る” に戻る

2004年度 エデュケータコース 2004年度 1日コース 名古屋

<開催日時>

2004年 8月28日(土)

<開催場所>

名古屋市科学館(愛知県名古屋市)

<スケジュール>

時間
内容
担当講師
10:00 ~ 10:20
開講式
10:20 ~ 11:00
講話1「コズミックカレッジと宇宙教育」
宮崎 總一
12:00 ~ 13:00
昼食
13:00 ~ 14:00
教材演習2(コズミックカレッジのカリキュラム紹介)
飯牟禮 俊紀 ・中村 雄一
14:00 ~ 14:50
講話2「宇宙へ」
堂山 浩太郎
15:00 ~ 15:30
質疑応答・意見交換
宮崎 總一 ・飯牟禮 俊紀 ・中村 雄一 ・堂山 浩太郎
15:40 ~ 16:00
アンケート記入、修了の挨拶

<講師>

宮崎 總一
飯牟禮 俊紀
中村 雄一
堂山 浩太郎

実施プログラム

受講者の感想

講話について

宮崎先生のお話は、コズミックカレッジの理念がまとめられていてよかった。宇宙をオタク的に見るということではなく「科学」という観点からとらえている点がよかった。(専門学校教員)
今の理科教育の実態と本来のあるべき姿、そのギャップの大きさを思い知らされた。なぜ教科書がつまらなくなったんでしょうか。(小学校教員)
夢のある将来に向けての話をありがとうございました。ただ、宇宙開発について、現在の我々の生活や地球人類に対してプラスになる面を多く出してもらえると、費用の面から一般の人や子供達に対して話がしやすくなる。さらに最新の宇宙の話題等があれば情報提供してもらえると大変ありがたい。(中学校教員)

教材演習について

ペットボトル・アルコールロケットを学校のクラブでやってみたい。圧電素子の点火装置を作ってみたいがどこで手に入れられるのだろうか(小学校教員)
熱気球など「選択理科」や「総合」など、生徒の興味関心に応じて生徒とともにやっていけるといいと感じた。(中学校教員)
アルコールロケット(プチロケット)の教材の作り方を知りたくて参加しましたので、自分の希望がかなえられてとてもうれしかったです。早速取り組みたいと思いますが、教材の準備が結構大変だなぁと感じています。(小学校教員)

ページトップへ