“活動を知る” に戻る

2004年度 エデュケータコース 2004年度 1日コース さいたま

<開催日時>

2004年12月11日(土)

<開催場所>

さいたま市宇宙劇場(埼玉県さいたま市)

<スケジュール>

時間
内容
担当講師
10:00 ~ 10:20
開講式
10:20 ~ 11:00
講話1「コズミックカレッジと宇宙教育」
宮崎 總一
11:10 ~ 12:00
教材演習1(コズミックカレッジのカリキュラム紹介)
飯牟禮 俊紀 ・中村 雄一
12:00 ~ 13:00
昼食
13:00 ~ 14:00
教材演習2(コズミックカレッジのカリキュラム紹介)
飯牟禮 俊紀 中村 雄一
14:10 ~ 14:50
講話2「宇宙ロボットと教育について」
稲場 典康
15:10 ~ 15:30
質疑応答・意見交換
15:40 ~ 16:00
アンケート記入、修了の挨拶

<講師>

宮崎 總一
飯牟禮 俊紀
中村 雄一
稲場 典康

実施プログラム

受講者の感想

講話について

ロボットについての話にとても興味を持ちました。自律型というものがどこまでできるのかは今の技術からではわからないけれども、より高い技術というものが磨かれていくだろう宇宙というものに、とても関心を持てました。(日本宇宙少年団リーダー)
理科教育、科学教育の考え方が、自分が教えるときに役に立つように思えました。また、ロボットを通して物の考え方を広げられたように思います。(中学校教員)
わかりやすく、大変勉強になりました。学校等での講話とちがい、興味関心がわく話、話の組立ても大変よかったです。(小学校教員)

教材演習について

どの教材についても、自分が指導する場面で何から始めてポイントは何かよく押さえていけそうです。以前より、より具体的に洗練されました。試行錯誤の積み重ねを感じます。(中学校教員)
とても具体的で今後の参考となった。活用するときの注意点など指導書があり、何をどう見せるか体系的なものとそのための教材との関係など。楽しい、親子でできるものが多くなるとよいと感じた。(NPO青少年教育団体指導者
どの教材についても大変身近でわかりやすかったです。アルコールロケットの発射台を実際に作ってみて、より理解が深まり、現場でも取り入れることが充分可能だと思いました。(科学館指導員)

ページトップへ