“活動を知る” に戻る

2014年度 【募集期間延長】宇宙教育指導者セミナー(2/22名護会場)

<主催>

宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター、公益財団法人日本宇宙少年団

<共催>

日本宇宙少年団名護分団

<開催日時>

2015年2月22日(日) 9:45~17:00

<開催場所>

名護青少年の家

<対象>

1.18歳以上(高校生を除く)であること。  2.宇宙教育などの青少年育成のための活動を行っている、または活動を予定していること。  3.すべてのプログラムが受講できること。

<募集人数>

45名

<スケジュール>

宇宙教育指導者セミナー(02/22名護会場)
時間
内容
担当講師
9:45 ~
開講式
宇宙教育の理念について(映像の視聴)
     ~ 12:35
望ましいリーダー像と子ども理解
12:35 ~ 13:25
昼食
12:35 ~
宇宙教育教材の活用(地球観測データの活用)
危機管理と安全教育
     ~ 17:00
閉講式

<参加費用>

無料

<備考>


●募集期間を延長しました●

宇宙教育指導者セミナー名護会場開催のご案内です。

今回のセミナーは、宇宙教育の連携団体である公益財団法人日本宇宙少年団(社会教育団体)の経験豊富な指導者が講師となって開催されるものです。
異年齢を扱う社会教育活動では適切な指導の下で実践されることが求められます。
子どもが好きで地域活動等について指導者として携わりたいとお考えの方は是非この機会にご参加下さい。


◎開催概要
 主催: 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター、公益財団法人日本宇宙少年団
 共催: 日本宇宙少年団名護分団

 日時: 2015年2月22日(日) 9:45~17:00
     ※9:30より受付を開始いたします。
 会場: 名護青少年の家
     交通アクセス(http://www.opnyc.jp/)※ページ左側「位置及び交通案内」をご覧ください。
 条件: 1.18歳以上(高校生を除く)であること。
     2.宇宙教育などの青少年育成のための活動を行っている、または活動を予定していること。
     3.すべてのプログラムが受講できること。
 定員: 45名


◎予定プログラム
<午前> 9:45~12:35
 1.開講式
 2.宇宙教育の理念について(映像の視聴)
 3.望ましいリーダー像と子ども理解

<午後> 13:25~17:00
 4.宇宙教育教材の活用(地球観測データの活用)
 5.危機管理と安全教育
 6.閉講式
  ※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

◎持参物について
 ご参加いただく際に、できるだけ以下の物品をご準備いただきますようお願いいたします(※予備を準備しておりますが、数に限りがございます)。

 <講義3.5.で使用>
  ・空のペットボトル1本(1.5L、炭酸飲料用であること)
  ・セロハンテープ(15~20㍉幅のカット金具付)
  ・ビニールテープ(15~20㍉幅(色は自由))
  ・ハサミ
  ・定規(20センチ程度)
  ・油性ペン(色や太さは自由)

<講義4.宇宙教育教材の活用で使用>
  ・充電済みのノートパソコン(Windows7もしくは8)
   ※全員分の電源確保ができないため、必ず充電してお持ちください
  ・空き容量8ギガバイト以上のUSBメモリ
    ※ご希望の方には実習データと分析ソフトを提供いたします
  ・地図(学校で使用したもの)
   ※学校で使われた教科書をお持ちの方は、データの分析に役立ちますのでご持参ください。

 
◎参加申込み
 募集期間: 2月18日(水)まで

 ① 2月15日(日)までに申し込む方
    https://edu.jaxa.jp/form/SEL150222nago/

 ② 2月16(月)から18(水)までに申し込む方
    https://edu.jaxa.jp/form/SEL150222nagoE/

  ※募集期間中であっても、定員に達した時点で締めきります。
  ※募集の締め切り後、ご参加の可否についてメールにてご案内いたします。


◎問合せ先
 宇宙教育指導者育成事務局  03-5408-0096(平日10:00-18:00)

ページトップへ