“活動を知る” に戻る

2017年度 【YACセミナー】宇宙教育指導者セミナー(12/17 那覇会場)

<主催>

JAXA宇宙教育センター、公益財団法人日本宇宙少年団

<共催>

那覇市牧志駅前ほしぞら公民館

<開催日時>

2017年12月17日(日) 9:30~16:30
※申込みURL: https://form.edu-jaxa.jp/form/yacnaha/
※申込み締切り:2017年12月7日(木)(定員になり次第締切り)

<開催場所>

那覇市牧志駅前ほしぞら公民館(沖縄県那覇市安里2-1-1さいおんスクエア3階 http://naha-kouminkan.city.naha.okinawa.jp/kum-kou/

<対象>

高校生を除く18歳以上の方で、宇宙教育に関心がある、またはすでに宇宙教育教材等を活用して青少年育成活動を実践している方。

<募集人数>

40名

<スケジュール>

時間 9:30~16:30
時間
内容
担当講師
9:30~
1. 「宇宙教育について」 ー衛星データ活用を例にー
2. 「衛星データ分析ソフトEISEIについて」 ー無償データの活用や防災教育を題材にー
3. 「宇宙教育における天文教材」
   ~16:30
4. 「水ロケットを科学する」 ー水ロケットをつくりながらー
※講座の途中に昼休憩をはさみます。
※講師等の都合や災害発生により、開催日及び時間に変動が生じる可能性があります。

<参加費用>

無料

<備考>

本セミナーは(公財)日本宇宙少年団(※)がお送りする、宇宙教育活動の実践的セミナーです。
那覇会場の特徴として一般でも利用できる衛星データ、天文教材の活用について学ぶ他、水ロケットの制作を通じて教材のあり方を探ります。

 ※ (公財)日本宇宙少年団 http://www.yac-j.or.jp/

<準備物について>
セミナー内ではパソコンを使った実習、教材の工作を行います。下記のものを各自で必ずご持参ください。
<講座2>
・充電済みのノートパソコン(Windows7、8、10のいずれか)
※主催者側では予備パソコンは用意できません。ご持参されない方は、お知り合いなどと一緒にご受講いただくこととなります。
※分析ソフトや実習データ等は、当日にUSBメモリ経由で配布します。

<講座3>
・空のペットボトル2本(1.5L、「胴体のくびれのない」炭酸飲料用であること)
・セロハンテープ(15~20㍉幅のカット金具付)
・ビニールテープ(15~20㍉幅(色は自由))
・ハサミ、定規(20センチ程度)、油性ペン(色や太さは自由)

ページトップへ