“活動を知る” に戻る

2017年度 【YACセミナー】宇宙教育指導者セミナー(7/22 富山会場)

<主催>

JAXA宇宙教育センター、公益財団法人日本宇宙少年団

<開催日時>

2017年7月22日(土) 9:30~16:00
※申込みURL: 申込を締め切りました。
※申込み締切り:2017年7月13日(木)(定員になり次第締切り)

<開催場所>

富山県民会館 301号室(〒930-0006 富山県富山市新総曲輪4-18)http://www.bunka-toyama.jp/kenminkaikan/access-parking/index.html

<対象>

高校生を除く18歳以上の方で、宇宙教育に関心がある、またはすでに宇宙教育教材等を活用して青少年育成活動を実践している方。当日にノートパソコンをご持参いただける方(諸条件有り。下記<備考>をご覧ください)。

<募集人数>

40名

<スケジュール>

開催時間: 9:30~16:00
時間
内容
担当講師
9:30~
1. 「宇宙教育」と「衛星データ活用」
2. 衛星データ分析ソフト「EISEI」実習
3. 衛星データ活用のための演習
   ~16:00
4. 衛星データの入手方法
※本セミナーでは、ひまわり8号、だいち2号、かぐや、ランドサット8号、ASTERなどのデータを扱う予定です。
※講座の途中に昼休憩をはさみます。
※講師等の都合や災害発生により、開催日及び時間に変動が生じる可能性があります。

<参加費用>

無料

<備考>

本セミナーは(公財)日本宇宙少年団(※1)がお送りする、宇宙教育活動の実践的セミナーです。
本会場では、「衛星データ利用プログラム」について、具体的な紹介と実習を行います。
気象観測衛星「ひまわり8号」をはじめ、様々な人工衛星のデータを社会教育と学校教育の2つの側面から、宇宙教育における効果的な活用を考えます。
皆様のノートパソコンを使って(※2)衛星データを教育活動に活用することの魅力や意義、ソフトの使用方法、人工衛星データの取得方法などを学びます。

 ※1 (公財)日本宇宙少年団 http://www.yac-j.or.jp/
 ※2 本セミナーは、ノートパソコンをご持参いただくことが条件となります。

<準備物について>
 プログラム2と3では、ノートパソコンを使った実習を行います。下記の条件のものをご持参ください。
 (※主催者側では予備のノートパソコンはご用意できません。ご持参になられない方は、お知り合いの方などと一緒にご受講いただくこととなります)

 ・充電済みのノートパソコン(Windows7、8、10のいずれか)
  ※参加者全員の電源を確保できません、必ず充電してお持ちください
 ・分析ソフトや実習データ等は当日にUSBメモリー経由で配布します。
 
 プログラム4では衛星データの入手方法を紹介しますので、タブレット型端末などがあると便利です。

ページトップへ