“活動を知る” に戻る

2012年度 筑波スペースキャンプ TKSC-7 ~自作人工衛星を空へ~

<主催>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)
公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)

<開催日時>

平成25年3月25日(月)~28日(木)

<開催場所>

JAXA 筑波宇宙センター

<対象>

高校生および高専生(3年生まで)※平成25年3月31日時点の学年

<募集人数>

16名

<参加人数>

16名

<スケジュール>

1日目
時間
内容
担当講師
12:30~13:15
スペースドーム見学
宇津巻 竜也
13:30~14:00
開講式、オリエンテーション
宇津巻 竜也
14:00~14:30
講義1 環境試験技術センター長激励
西田 隆
14:40~15:40
講義2 衛星の環境試験について
高橋 大祐
15:50~17:50
試験センター施設見学
高橋 大祐、丹羽 智哉
19:00~20:00
講義3 缶サットの世界
長田 奉公
20:00~21:00
缶サットプログラミングワークショップ
三上 達二、山口 浩
2日目
時間
内容
担当講師
9:30~16:30
缶サット製作ワークショップ
三上 達二、山口 浩
16:30~17:50
講義4 ALOS-2について/ASTRO-Hについて
丹羽 智哉、和田 篤始
19:00~21:00
缶サットプログラミングワークショップ
三上 達二、山口 浩
3日目
時間
内容
担当講師
9:00~9:30
パラシュート製作
宇津巻 竜也
9:30~11:20
缶サット環境試験(真空・低温・高温・振動)、データ解析、パラシュート製作
赤城 弘樹、梶川 隆史
12:30~14:15
パラシュート製作、データ解析・プレゼン準備1
宇津巻 竜也
14:15~15:00
宇宙飛行士養成棟見学ツアー
羽成 享子
15:00~16:30
データ解析・プレゼン準備2
宇津巻 竜也、三上 達二、山口 浩
16:30~17:30
職員交流会
JAXA若手職員
19:00~21:00
データ解析・プレゼン準備3
宇津巻 竜也、三上 達二、山口 浩
4日目
時間
内容
担当講師
9:30~11:20
バルーン投下
宇津巻 竜也、三上 達二、山口 浩
12:30~14:00
データ解析・プレゼン準備4
宇津巻 竜也
14:00~15:00
試験・フライト報告会
赤城 弘樹、宇津巻 竜也、三上 達二、山口 浩、長田 奉公
15:00~15:30
修了証授与式、閉講式
赤城 弘樹、宇津巻 竜也、三上 達二、山口 浩、長田 奉公

<講師>

宇津巻 竜也
西田 隆
高橋 大祐
丹羽 智哉
長田 奉公
三上 達二
山口 浩
和田 篤始
赤城 弘樹
梶川 隆史
羽成 享子
JAXA若手職員
(講義順)

<参加費用>

28,000円(宿泊代及び食費、缶サットキット代)※備考要参照

<備考>

※集合・解散場所からご自宅までの交通費は自己負担となります。
自分が製作した缶サットキットはお持ち帰りいただけます。
(缶サットのマイコン(頭脳となる部分)は含まれません。)

実施プログラム

スペースドーム見学

宇津巻講師が案内をしながら展示館の見学をしました。ただ見るだけでなく、一つ一つ解説があったので、参加者はより知識を深めることできたようです。また、初めて来た参加者は、宇宙飛行士の模型などを見れて、とても喜んでいました。

開講式、オリエンテーション

宇津巻講師から、キャンプ期間中の諸注意とこれからのスケジュールについて、説明がありました。スタッフと参加者の自己紹介も行いました。

講義1 環境試験技術センター長激励

環境試験技術センター長が激励を行いました。参加者も身が引き締まったようでした。

講義2 衛星の環境試験について

高橋講師から衛星について初歩的なところから専門的な部分まで、丁寧に解説をしていただきました。その後、これから見学に行く場所の説明などを行いました。参加者は、普段見ることができない場所に行けることにとても、わくわくしていました。

試験センター施設見学

衛星の環境試験を行うSITEと、電波試験を行う電波無反響室の見学を行いました。普段は入ることのできない施設の特別見学ということで、参加者の皆さんもとても満足した様子でした。

講義3 缶サットの世界

長田講師から缶サットの歴史や活動を学びました。
初めて缶サットに触れる参加者が多く、長田講師のお話をとても興味深く聞き入っていました。

缶サットプログラミングワークショップ

mbedの基本的な機能と操作の仕方を学びました。初めて、プログラミングを行う人も多かったですが、みな一生懸命に覚えようとしていました。この頃には、リーダーとも仲良くなっていたため、気軽に質問など行えたようでした。

缶サット製作ワークショップ

前半は、実際に缶サットキットに入っている、缶サットの脳に当たる部分の製作を行いました。はんだ付けなど、細かい作業が多く、失敗したりもしていましたが、なんとかほとんどの人が完成させていました。その後、パソコンを使いながら、実際に色々な操作を行っていました。

講義4 ALOS-2について/ASTRO-Hについて

ALOS-2とASTRO-Hの概要から最新情報まで、さまざまなお話を聞きました。特に質疑応答の時には、リーダーからの専門的な質問などがあり、参加者にとってはとてもいい刺激になったと思います。

缶サットプログラミングワークショップ

前日に行ったプログラミングの続きの作業を行いました。前半の講義では前日の操作の復習をしながら、さらに発展した作業を行っていました。特に後半では、配線を組み換えながら、パソコンでプログラミングを行い、照明の操作を行ったり、音を奏でたりと、思い思いに実習をしていました。あっという間に時間が過ぎたようで、参加者の中にはまだやり足りない子も、多く見受けられました。

パラシュート製作

開始時間を少し早めて、パラシュートの作製を行いました。参加者それぞれが、オリジナルのパラシュートを作製していました。情報収集を行いながら、自分なりの工夫を加えているため、バラエティに富んだパラシュートが完成しました。

缶サット環境試験(真空・低温・高温・振動)、データ解析、パラシュート製作

様々な環境試験を行いました。時間に限りがあるため、班の中で役割分担をし、それぞれデータ解析を行いました。特に、振動実験で色々なデータが取れたようで、班の中で話し合ったりしているところもありました。

パラシュート製作、データ解析・プレゼン準備1

悪天候により、予定していたバルーン投下が延期になったため、代わりにパラシュート作製の続きをしました。午前中に終わった班は、リーダーを中心にプレゼンの準備に取り掛かりました。この頃には、参加者同士仲良くなり、協力しながら一つのものを作り上げようとする姿が見られました。

宇宙飛行士養成棟見学ツアー

羽成講師による、宇宙飛行士養成棟見学ツアーが行われました。映画の舞台にもなった施設だけに、参加者は大喜びでした。写真を一生懸命撮る姿も見られました。充実した時間を過ごしたようでした。

データ解析・プレゼン準備2

見学終了後、前半に行っていましたプレゼン準備の作業の続きをしました。午前中に採取したデータを班の人みんなで解析しているところもありました。

職員交流会

普段接することのできない、JAXAの第一線で働いている若手職員に様々な質問を投げかけてました。とても充実した時間を過ごしたようでした。

データ解析・プレゼン準備3

それぞれで、解析をしたデータを最後リーダーのパソコンに取り込み、プレゼンテーションの資料を完成させました。参加者は、次の日のバルーン投下をとても楽しみにしている様子でした。

バルーン投下

晴天に恵まれ、参加者は全員缶サットの投下を行うことができました。パラシュートによっては、開かず垂直落下をしてしまった子や逆に綺麗にパラシュートが開き、きれいなデータを取ることができた参加者もいました。残念ながら、木に引っ掛かってしまい、データを採取することができない人もいましたが、楽しくできたようでした。

データ解析・プレゼン準備4

缶サット投下で採取したデータの解析を行い、その後プレゼン用の資料に落とし込む作業をしました。報告会に向けて、リーダーを中心に取りまとめていました。

試験・フライト報告会

各班ごとに、報告会を行いました。それぞれ、班の特色が出ていました。また、質疑応答では、参加者から講師の方まで活発に行われ、参加者では気づけなかった部分を講師から学ぶことができ、とてもいい報告会を行うことができたと思います。

修了証授与式、閉講式

それぞれの講師が総括を行い、宇津巻講師が修了証を一人一人に渡し、閉講式は終了しました。

ページトップへ