“活動を知る” に戻る

2013年度 名古屋スペースキャンプ2013 NSC-2

<主催>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<共催>

名古屋大学
名古屋市科学館 

<協力>

三菱重工業株式会社

<開催日時>

平成25年7月28日(日)~31日(水)

<開催場所>

JAXA名古屋空港飛行研究拠点、名古屋市科学館、名古屋大学、三菱重工業株式会社

<対象>

小学5年生~中学3年生

<募集人数>

24名 

<参加人数>

24名

<スケジュール>

1日目
時間
内容
担当講師
13:40~14:10
オリエンテーション
宇津巻 竜也
14:10~15:10
【講義】「名古屋市科学館について」
鈴木 雅夫
15:10~16:00
プラネタリウム
中島 亜紗美
16:00~17:00
名古屋市科学館見学
宇津巻 竜也、鈴木 雅夫
19:00~20:00
【実習】「飛行機作製」
宇津巻 竜也
2日目
時間
内容
担当講師
9:30~12:30
名古屋大学・研究室見学
金田 英宏
14:30~16:30
三菱重工・名航・飛島工場見学
中薗 考徳、竹内 功学、森 歌奈子、川戸 博史
19:00~21:00
【講義】【実習】「モデルロケット作製」
宇津巻 竜也
3日目
時間
内容
担当講師
9:30~11:30
三菱重工・名誘・本工場見学
岸田 繁
12:50~13:50
三菱重工・名航・小牧南史料室見学
伊藤 敏彦
14:00~15:00
JAXA名古屋空港飛行研究拠点見学
藤井 謙司
15:30~17:30
【実習】「モデルロケット打ち上げ」
宇津巻 竜也
19:00~21:00
【実習】「プレゼン準備」
宇津巻 竜也
4日目
時間
内容
担当講師
9:30~11:00
【実習】「ミッション報告会」
宇津巻 竜也
11:00~11:30
閉校式
鈴木 雅夫

<講師>

宇津巻 竜也
鈴木 雅夫
中島 亜紗美
金田 英宏
中薗 考徳
竹内 功学
森 歌奈子
川戸 博史
岸田 繁
伊藤 敏彦
藤井 謙司
(講義順)

<参加費用>

32,000円(宿泊費、食費、現地交通費)※備考要参考

<備考>

※集合・解散場所からご自宅までの交通費は自己負担となります。

実施プログラム

オリエンテーション

簡単なスケジュールの説明とスタッフ紹介を行った後は、各班ごとに自己紹介をしました。初対面のためか、まだ少し緊張している様子でした。

【講義】「名古屋市科学館について」

名古屋市科学館について、名古屋市科学館の鈴木さんからお話を聞きました。見学時は限られた範囲しか見られないため、他のフロアーの説明や見どころなどを教えて頂きました。参加者は興味深そうにお話を聞いていました。

プラネタリウム

世界最大のプラネタリウムを見れて、参加者はとても喜んでいました。また、7月ということで七夕にちなんだお話がされ、日本とはまた違うストーリーに興味を持っていた参加者もいました。

名古屋市科学館見学

2グループに分かれて館内を見学しました。限られた時間の中で、多くの展示品を見て学ぶ事ができとても充実していたと思います。大きな科学館ですので、他のところも見たいという意見もありました。

【実習】「飛行機作製」

「飛翔」の紙飛行機を作製しました。飛行機を上手く飛ばせられず、皆試行錯誤しながら紙飛行機を作製していました。最後は各班で飛ばし、誰が一番きれいに飛ぶかを競いました。きれいに飛ばすことができた人は、色々と工夫していたようでした。

名古屋大学・研究室見学

理学研究科と航空宇宙工学科の研究室を見学しました。理学研究科の講義では赤外線・X線天文衛星プロジェクトを学び、「あかり」衛星の望遠鏡の冷却SiC主鏡の実物などを見せてもらいました。航空宇宙工学科の研究室見学では、ロケットの話から人工衛星の話まで各研究室で幅広く学ぶことができました。参加者は初めて見る研究室や実験道具に興味津々でした。

三菱重工・名航・飛島工場見学

ロケットについての講義がありました。途中クイズがあり回答者は素敵な記念品をもらっていました。その後、実際に組み立てられているロケットを見に行き、備品の説明を受けました。ヘリコプターの操縦席に乗ることもでき、とても貴重な体験をすることができました。特に、今後打ち上がる予定のロケットを見た参加者の目はとても輝いていました。

【講義】【実習】「モデルロケット作製」

翌日打ち上げるためのロケットを作製しました。厚紙と紙筒で作るロケットだったので、年齢の低い子でも完成することができました。色も選ぶことができ、個性豊かなロケットが完成しました。参加者は、明日の打ち上げが待ち遠しいようでした。

三菱重工・名誘・本工場見学

ロケットのエンジンと人工衛星について講義を受けました。エンジンの講義では、液体窒素の実験などを行い、バラやゴムボールが砕けるシーンが印象的でした。人工衛星の講義では、実際に模型を使用して、人工衛星がどうやって宇宙へ旅立つのかを勉強しました。その後、実物のエンジンなどを見て、解説をしてもらいました。参加者はとても熱心に耳を傾けていたように感じました。

三菱重工・名航・小牧南史料室見学

戦闘機の零戦や秋水を見ることができました。史料室の人に解説をしていただき飛行機について詳しく学ぶことができました。その後、お土産売り場では航空機のお土産を参加者は思い思いに購入していました。

JAXA名古屋空港飛行研究拠点見学

JAXAの航空部門の講義を聞き、その後「飛翔」の実機を見る事ができました。初めて見る実機に、参加者は写真を沢山撮っていました。また、隣が飛行場のため沢山の飛行機が飛び立っていました。暑さも忘れて夢中で飛行機を見ていました。

【実習】「モデルロケット打ち上げ」

名古屋大学でモデルロケットを一人一機打ち上げました。ロケットを打ち上げる時には、歓声が上がり、モデルロケットもきれいに上がっていました。もう一度打ち上げたいと言っている参加者がたくさんいました。

【実習】「プレゼン準備」

3日間学んだことや経験したことを、リーダーや班長を中心に各班に分かれてまとめました。3日目ともなって、班員同士仲良くなっていました。短い時間でしたが、各班壁新聞を仕上げることができました。

【実習】「ミッション報告会」

昨夜、作成した壁新聞を基に、各班3日間の発表を行いました。ミッション報告会には、名古屋大学の戸次さんや名古屋市科学館の鈴木さんなどが発表を見に来ていただきました。質疑応答では、別の班の人から質問が出たりと活発に行われました。

閉校式

名古屋市科学館の鈴木さんより修了書を一人一人手渡しまして、無事にキャンプは終了しました。

ページトップへ