“活動を知る” に戻る

2013年度 一日宇宙記者「イプシロンロケット」打ち上げ取材ツアー

<主催>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センター

<開催日時>

平成25年8月26日(月)~28日(水)

<開催場所>

JAXA内之浦宇宙空間観測所

<対象>

高校生

<募集人数>

5名

<参加人数>

6名

<スケジュール>

1日目
時間
内容
担当講師
18:30~19:00
開講式、オリエンテーション
宇津巻 竜也
20:00~22:00
「記者の心得レクチャー・取材作戦会議」
高野 寛子、阪本 成一
2日目
時間
内容
担当講師
9:30~14:30
取材・打ち上げ見学場所で待機
宇津巻 竜也
20:00~22:00
記事まとめ
京田 綾子

<講師>

高野 寛子(南日本新聞社)
阪本 成一(宇宙航空研究開発機構(JAXA))
宇津巻 竜也(宇宙航空研究開発機構(JAXA))

実施プログラム

1日目

初日は、「開講式・オリエンテーション」と講義「記者の心得レクチャー・取材作戦会議」を行いました。

オリエンテーションでは、自己紹介を行いました。宇津巻氏の開講の挨拶があり、一日宇宙記者が始まりました。
記者の心得レクチャー・取材作戦会議では、南日本新聞社の高野記者に、記者の心得についてレクチャーを受けました。
その後、JAXAの阪本先生にイプシロンロケットとSPRINT-Aの説明を受けました。参加者達は熱心に話を聞き、積極的に質問をしていました。

2日目

早朝、JAXA内之浦宇宙空間観測所の記者会見室に訪れました。張りつめた空気の中でも、参加者はJAXA職員に取材を敢行していました。その後、打ち上げ見学場所に移動。残念ながら、この日の打ち上げは延期となりました。

参加者はグループに別れて取材を行いながら、打ち上げの瞬間を待ちました。

完成した新聞

ページトップへ