“活動を知る” に戻る

2015年度 北海道スペーススクール2015

<主催>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<共催>

北海道大樹町

<後援>

北海道庁

<協力>

北海道大学、株式会社植松電機

<開催日時>

2015年8月4日(火)~8日(土) 4泊5日
【1日目】※場所:JAXA大樹航空宇宙実験場(大樹町)
 ・大樹町内の宇宙関連企業を巡るバスツアー
 ・JAXA大樹航空宇宙実験場見学
 ・ウェルカムパーティー&星空観望会

【2日目】※場所:大樹町宇宙交流センターSORA(大樹町)
 ・大樹町宇宙交流センターSORA見学
 ・講義「大気球による観測について」
 ・見学「JAXA大気球研究チームによる放球実験」
 ・グループディスカッション
 ・列車移動(JR帯広駅→JR札幌駅)

【3日目】※場所:株式会社 植松電機(赤平市)
 ・植松専務の講話 
 ・微小重力実験塔ほか、施設設備見学
 ・モデルロケット&模擬人工衛星製作
 ・モデルロケット&模擬人工衛星打ち上げ
 ・グループディスカッション

【4日目】※場所:北海道大学(札幌市)
 ・講義と実習「ハイブリッドロケット開発について」
 ・講義と実習「地球温暖化とオゾン層破壊について」
 ・講義と実習「宇宙から見た地球観測について」
 ・講義と実習「人工衛星を利用した農業機械について」
 ・グループディスカッション

【5日目】
 ・ミッション報告会

<開催場所>

大樹航空宇宙実験場ほか

<対象>

中学校1年生~3年生、高等学校1年生~3年生、中等教育学校(前期後期課程)、高等専門学校1~3年生

<参加人数>

24名

<参加費用>

46,000円(期間中の宿泊費・食費・交通費・教材費に充当)

実施プログラム

活動内容(一部)

移動バス内オリエンテーションの様子。
JAXA大樹航空宇宙実験場を見学しました。
想像を超える大きさ!
大樹高校生によるプレゼンテーションの様子です。
参加者による個別プレゼンテーションの様子です。(テーマ:自分は将来どのように宇宙と関わっていきたいか)
模擬宇宙機の製作を行いました。
発射!
打ち上げ後にはグループごとに考察し、発表を行いました。
ハイブリッドロケット開発についての講義・実習の様子(北海道大学工学部)
宇宙技術を利用した未来の農業について学んでいる様子です。実験農場でロボット農機のデモンストレーションを見学しました。(北海道大学農学部)
ページトップへ