“活動を知る” に戻る

2015年度 筑波スペーススクール2015

<主催>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<開催日時>

2015年8月10日(月)~13日(木) 3泊4日
【1日目】
 ・講義「ロケットについて」
 ・実習「モデルロケット製作」
 ・グループディスカッション

【2日目】
 ・講義と実習「人工衛星環境試験について」
 ・講義と実習「施設設備について」
 ・モデルロケット打ち上げ ほか
 ・グループディスカッション

【3日目】
 ・講義と実習「タンパク質結晶宇宙実験について」
 ・講義と実習「衛星追跡について」
 ・施設見学
 ・職員交流会
 ・グループディスカッション

【4日目】
 ・ミッション報告会

<開催場所>

筑波宇宙センター

<対象>

高等学校1年生~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校1~3年生

<参加人数>

30名

<参加費用>

35,000円(期間中の宿泊費・食費・交通費・教材費に充当)

実施プログラム

活動内容(一部)

開校式直後の参加者の様子です。
モデルロケット製作の様子です。フェアリングの構造をグループで考えます。
全員でパラシュート製作にも取り組みました。
毎晩、グループディスカッションが行われました。白熱!
ついに打ち上げです!
無事、打ち上げ成功!
講義・実習「タンパク実験」の様子です。
八木アンテナで人工衛星からの電波を受信しています。
このような画像が捉えられました。
ロケットの前で記念写真!
ページトップへ