“活動を知る” に戻る

2016年度 大樹スペーススクール2016

<主催>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<共催>

北海道大樹町

<後援>

北海道庁

<協力>

株式会社日本旅行

<開催日時>

2016年7月26日(火)~7月29日(金) 3泊4日
【1日目】
 ・開校式
 ・JAXA大樹航空宇宙実験場 施設見学
 ・講義:大気球観測について
 ・ミーティング

【2日目】
 ・講義:ロケット開発について
 ・実習:モデルロケット制作&打ち上げ
 ・見学:大樹町内の宇宙関連企業

【3日目】
 ・講義と実習:大気球で迫る「地球」の謎
 ・講義と実習:大気球で迫る「宇宙」の謎
 ・講義と実習:準天頂衛星「みちびき」を利用した未来の農業
 ・交流会
 ・ミーティング

【4日目】
 ・プレゼンテーション準備
 ・ミッション報告会
 ・閉校式

<開催場所>

大樹町多目的航空公園、大樹町宇宙交流センターSORA、JAXA大樹航空宇宙実験場ほか

<対象>

高等学校1年生~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校1~3年生

<参加人数>

20名

<参加費用>

18,000円(期間中の宿泊費・食費・交通費・教材費に充当)

実施プログラム

活動内容(一部)

☆*:.。サマースクール開催期間中のツイートはこちらです☆*:.。
https://twitter.com/search?q=from%3Aspaceedu_info%20since%3A2016-07-27%20until%3A2016-08-11&src=typd

集合:とかち帯広空港
大樹町に向けてバスに乗り込みます。
JAXA大樹航空宇宙実験場を見学。
あまりにも大きい!
講義:大気球観測について
大気球に使われているフィルムの薄さにビックリ。
実習:モデルロケット制作
チーム(4名)でモデルロケット1機を製作します。
実習:モデルロケット制作
搭載機器を安全に帰還させるため、
どんなパラシュートにするかチームで検討中。
実習:モデルロケット打ち上げ
チームの思いをのせていざ打ち上げ!
講義:大気球で迫る「地球」の謎
大樹町、熱帯域、南極の現地調査の様子を紹介。
講義:大気球で迫る「宇宙」の謎
テーマは宇宙科学。特にダークマターについて。
実習:人工衛星を利用した未来の農業
無人ロボット農機に乗って自動運転を体験!
交流会
ジンギスカンを食べつつ熱く語り合いました。
最終日に行われるミッション報告会に向けて
説明を受けています。
これまでの体験をもとにチームで知恵を出し合い、
新たなミッションを提案します。
発表直前まで、粘ります!
ミッション報告会
各チームの夢と熱い思いのつまった報告会。
一人一人の心に新たな将来展望が描かれました。
ページトップへ