“活動を知る” に戻る

2017年度 角田エアロスペーススクール2017

<開催日時>

2017年8⽉1⽇(⽕)〜8⽉3⽇(木)2泊3⽇
【1⽇⽬】
 ・オリエンテーション
 ・講義「宇宙へのエンジンシステムセミナー」
 ・講義「ロケットエンジンセミナー システム編」
 ・ミーティング
【2⽇⽬】
 ・講義「ロケットエンジンセミナー ターボポンプ編 燃焼器編」
 ・実習「ロケットエンジンの設計を試してみよう」
 ・講義「超⾳速エンジンセミナー」
 ・実習「超⾳速流実験」
 ・ミーティング
【3⽇⽬】
 ・講義「エンジンシミュレーション」
 ・特別授業「将来の宇宙開発ディベート」

<開催場所>

角田宇宙センター

<対象>

高等学校1年生~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校1~3年生

<参加人数>

12名

実施プログラム

開校式の様子です。
講義:宇宙へのエンジンシステムセミナー
宇宙用エンジンをどのように研究しているかについて、講義と所内見学で学びます。
講義:ロケットエンジンセミナー システム編
ロケットエンジンシステムについての基礎知識を学びます。模型も登場。
様々な講義を受けつつ、最終日のディベートに向けての準備を進めています。まずは職員による例示から。
講義:ロケットエンジンセミナー ターボポンプ編 の様子です。
ロケットエンジンのシステム、ターボポンプ、燃焼器について学んだあと、ロケットエンジンの設計演習を行いました。ここまで学んだことをいかして…
ロケットより効率の良いエンジンの仕組みを「超音速エンジンセミナー」で学びました。写真は超音速流実験の様子です。
2日目の夜も、引き続きディベート準備。
交流会では、リラックスした雰囲気で質問できます。技術的なこと以外にも、進路選択や職員の仕事への思いについても尋ねていたようです。
講義と実習:エンジンシミュレーション の様子です。
いよいよディベート本番!
テーマは「将来の宇宙開発」。各チームとも、3日間考え抜いた成果が表れていました。
最後は全員で記念撮影!
ページトップへ