“活動を知る” に戻る

神奈川県・相模原市立共和小学校
テーマ『のぞいてみよう!はるかな宇宙、不思議な宇宙』

<全授業を通した指導目標>

身近な素材を使って、宇宙ステーションを表現する。

<対象>

小学3年生 108名

<期間>

平成29年9月12日~9月29日

<区分>

教科 (図画・工作)
教科 (図画・工作)

構成表

実施日
時間
形式
人数
授業内容
1
90分
講義
108名
導入として宇宙のイメージをつかみ、自分のつくりたい具体的な形を膨らませる。
講師:松原 理(JAXA宇宙教育センター)

『授業記録シート』

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(30分)
・本時学習のねらいを確認する
・講師紹介
・宇宙の様子や、宇宙での生活、宇宙ステーションやロケットの様子などについて知る
◎本時のねらいを伝え、制作のイメージが広げられるようにしっかり聞くように話す
展開
(40分)
・映像からイメージを膨らませ、自分のつくりたいものを考える
◎制作上の留意点を伝える
△材料を組み合わせて考える
△友達と考えを交流する
△設計図をかく
まとめ
(10分)
・次回の学習を確認する

授業の感想・メモ

  • 漠然とした宇宙のイメージがより具体的なものになった。作品のイメージを広げると共に、作品制作への意欲を高めることにとても効果的だった。

神奈川県・相模原市立共和小学校

戻る

ページトップへ