“活動を知る” に戻る

宇宙の学校とは?

宇宙の学校は宇宙教育センターとKU-MAが連携し、各地域の主催者の方々と協力しながら行っている社会教育支援プログラムです。
宇宙の学校は、1年間に複数回行われるスクーリングと、親子一緒に家庭で取り組んで行ってもらう家庭学習によって構成されています。

対象
5歳~小学校2年生までのお子さんとその家族
期間
1年間(複数回のスクーリングと家庭で取り組む家庭学習)
※ 宇宙の学校は通年のプログラムとなっております。
募集につきましては、下記KU-MA「宇宙の学校」事務局へお問い合わせください。
宇宙の学校 国分寺(2009年1月25日)

プログラムの一例

星砂を探して星座絵を作ろう

星砂を探して星座絵を作ろう

種子島の砂浜の砂から星砂を探して、それぞれ思い思いに星砂で星座絵を描きます。

かさ袋ロケットを作って飛ばそう

かさ袋ロケットを作って飛ばそう

かさ袋に紙のフィンやビニールテープのおもりをつけて、ロケットを作ります。

コマを作ろう

コマを作ろう

工作用紙でいろいろな大きさや重さのコマを作り、回転速度の違いを調べます。

カエデの標本を作ろう

カエデの標本を作ろう

色々な種類のカエデの葉を観察、分類して標本を作ります。

レポート発表会

レポート発表会

家庭で行ったテキストの実験結果や感想をレポートにまとめ、発表します。

参加者の声

宇宙の学校に参加していただいた方の感想です。

風車を作ろう
風車を作ろう
フィルムケースロケットを作って飛ばそう
フィルムケースロケットを作って飛ばそう
飛ぶたねのモデルを作ろう
飛ぶたねのモデルを作ろう

子供と一緒に何かに取り組むことの大事さを感じました。

みんなで協力して作る事で協調性を学ぶ事ができました。本当に楽しかったです。

実際にやってみることで、本を読むだけでは得られない、忘れることのない体験となったようです。

身近なものでいろんな事ができ、子供がキラキラと目を輝かせるのを見てうれしかったです。

星砂と言う生き物がいることを初めて知りました。

子供との会話も増え、とても楽しかったです。特に日食の時は一緒に公園へ行き、ずっと観察をしていました。いろんなことに興味が広がり、参加してよかったと思います。

お問い合わせ先

「宇宙の学校」事務局
NPO法人子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)
〒252-5210
神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1 JAXA内
TEL : 042-750-2690 
E-MAIL : KU-MAs@ku-ma.or.jp

ページトップへ